【家庭薬膳レシピ集】黒豆の黒砂糖煮 

アンチエイジングの薬膳フードセラピー 約271Kcal/1人分

日本人の食生活に取り入れやすい家庭薬膳をご紹介しています♪

アンチエイジングの薬膳 黒豆の黒砂糖煮

若さをたくわえる薬膳♪ 中医学的にいうと黒い薬膳素材には若々しさのモトをチャージするものが多いです。そこで、アンチエイジングの薬膳作りに黒豆を黒砂糖で煮込みました。黒砂糖は身体を温めるので、冷え症ケアの薬膳にも応用が利きます。黒豆は現代栄養学的に見ても血管を強くするレシチンを含みますし、黒い色素は強い抗酸化力を持つアントシアニンです。そして大豆の2倍もイソフラボンを含むので、骨粗鬆予防にも役立ちます。先人はそんな黒豆のパワーに気づいていて、昔から黒豆を緩やかなエイジングに使ってきたのですね。
Course アンチエイジングの薬膳, 冷え症ケアの薬膳
Servings 10 人分

Ingredients
  

  • 400 黒豆 約1656Kcal
  • 1000 ml
  • 300 黒砂糖 約1062Kcal

Instructions
 

  • 黒豆を洗って一晩浸水し、圧力鍋で20分程度加熱して柔らかく煮る。
  • 黒砂糖を3回くらいに分けて加え加熱したり冷ましたりを繰り返し、黒豆の煮汁がほとんどなくなるまで煮詰めて味をしみこませる。

Notes

♡圧力鍋を使わない場合は、黒豆と水を一晩浸水させて、時間をかけてことこと煮てください。
♡おせちに詰めることの多い黒豆の煮ものですが、お菓子やお料理作りにも重宝します。
『ナチュラル薬膳生活入門編』去湿類 黒豆 p.160 参照
♣参考文献・データ
ナチュラル薬膳生活入門編』須崎桂子 ナチュラル薬膳生活文化普及協会
日本食品標準成分表2015年版(七訂)』文部科学省
食材健康大辞典』監修 五明紀春 時事通信社

The following two tabs change content below.
中医師から中医学・薬膳学を習得。心の状態で体調を崩したことから、健康の維持・増進、病気の予防・治療には食事だけでなく、運動やリラグゼーションも必要なのに気づく。そこで抽象的な伝統医学に現代の生理学や栄養学も掛け合わせて、ライフスタイル医学の暮らし方「ナチュラル薬膳生活Ⓡ」を考案。2008年にナチュラル薬膳生活文化普及協会を設立して、心・体・魂が喜ぶ薬膳フードセラピーの暮らし方を、人生に前向きな大人女性たちに配信し続けている。