アンチエイジングの薬膳 牡蠣のカリッと焼き レモン風味
アンチエイジングの薬膳♪ 海のミルクといわれる牡蠣は、若々しさのモトを補充するのに役立つ、亜鉛や鉄などのミネラルがたっぷりの薬膳素材です。心(しん)に安らぎをもたらし、リラックスさせる効果もあるので、ストレスケアの薬膳にもどうぞ。
分量
 人分
分量
 人分
材料
作り方
  1. 下処理を済ませた牡蠣に小麦粉をまぶす。
  2. フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、牡蠣を並べて両面をこんがり強火で焼き、角切りレモンを絡めて火を止める。
  3. 器に紫蘇を敷き、牡蠣をのせてレモン汁をかけて供する。
レシピのメモ

♡海の鹹味(かんみ・ぬるめきのある海のしお味)、ミネラルの味ををそのまま頂くため、調理でお塩はかけません。

♡レモンに含まれるビタミンCが牡蠣の鉄分の吸収を高めるので、造血にもグッドです。

♡牡蠣をフライパンに入れたら、フライパンをゆすりながらひっくり返して表面を強火で焼くと、カリッと仕上がります。 

♣参考文献・データ

ナチュラル薬膳生活入門編』須崎桂子 ナチュラル薬膳生活文化普及協会
薬膳素材の分類 補陰類 牡蠣 p.121 参照

 

The following two tabs change content below.