【家庭薬膳レシピ集】西瓜とキウイのフルーツカクテル

抗酸化や潤い補給や夏の季節薬膳にも

日本人の食生活に取り入れやすい家庭薬膳をご紹介しています♪

薬膳素材の西瓜には、熱を冷ます、赤の植物色素成分リコペンで抗酸化する、
カリウムなどが豊富で利尿する、身体を潤す、食物繊維が豊富でお通じをよくする、
など、いろいろな働きがあります。

ですから、この薬膳レシピは、抗酸化・潤い補給・熱冷まし・暑気払いなど、
様々な目的に応用が利く食事療法(フードセラピー)になります。

2017年5月1日配信のナチュラル薬膳生活マガジンでは、抗酸化や潤い補給を
薬膳の目的の例として、このレシピの薬膳くみたて理論を説明しています。

全3回無料動画レッスン【薬膳で心身バランスを整えて健康に!】で届く
第1回動画レッスン添付メールでは、熱冷ましを薬膳の目的の例として、
このレシピの薬膳くみたて理論を説明しています。

Print Recipe
熱を冷ます薬膳 西瓜とキウイのフルーツカクテル
身体にこもった熱を冷ますフルーツ薬膳♪西瓜は、発熱や夏の暑さで身体が熱くなり過ぎたときに、 熱を冷まして「寒熱のバランス」をとったり、発汗で失った身体の潤いを補給する薬膳素材です。薬膳は「苦いお薬が入った特殊な料理」ではありません。心や身体のバランスを整えて、不調を予防・改善する食事療法です。詳しくは、全3回無料動画レッスン【薬膳で心身バランスを整えて健康に!】ご登録ください。赤い西瓜にはリコペンとβ‐カロテンが豊富なので、紫外線が強くなる季節には、抗酸化の薬膳としても応用が利きます。
分量
人分
材料
分量
人分
材料
作り方
  1. 白きくらげを洗って分量外の水に20分浸水してから石づきを除き、食べやすい大きさに切っておく。
  2. 西瓜とキウイフルーツをそれぞれ半分に切り、フルーツのくりぬきカッターで実を取り出して西瓜の種は除いておく。西瓜を切っている時に出た西瓜汁はとっておく。
  3. 鍋に戻した白きくらげ、水、氷砂糖を入れて強火で加熱し、沸騰したら火を弱めて20分煮て、白木耳のシロップ煮を作り、冷ましておく。
  4. くり抜いた西瓜の半分をミキサーかフードプロセッサーにかけてジュース状にし、取り分けておいた西瓜汁と合わせる。
  5. 白木耳のシロップ煮、残りのくりぬいた西瓜とキウイフルーツ、西瓜汁を合わせて冷蔵庫で冷やし、ガラスの器などに盛り分けて供する。
レシピのメモ

♡西瓜が手に入りにくい時期であれば、苺、梨、りんご、枇杷、柿などで作ってもよいでしょう。
♡浮腫みを改善したい場合や高血圧ケアの薬膳に応用したい場合は、氷砂糖をメープルシロップに変えるとよいでしょう。

♣参考文献・データ

ナチュラル薬膳生活入門編』須崎桂子 ナチュラル薬膳生活文化普及協会

食材健康大辞典』監修 五明紀春 時事通信社

The following two tabs change content below.

須崎桂子 けいてぃーさん

代表ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン ナチュラル薬膳生活文化普及協会
2008年から千葉県柏市で、薬膳教室を開いています。日本の家庭生活に合わせ、ライフスタイル医学の一環として、「ナチュラル薬膳生活」を楽しくお伝えしています♪ ***ナチュラル薬膳生活クリエイター***
スポンサードリンク