【家庭薬膳レシピ集】ブリのはちみつ照り焼き

お年寄りのお通じスッキリ薬膳にも

日本人の食生活に取り入れやすい家庭薬膳をご紹介しています♪

Print Recipe
元気になる薬膳 ブリのはちみつ照り焼き
元気になる和風の薬膳フードセラピー♪ 愛する家族の夏バテを予防する弁当に、薬膳講師が実際につくったおかずです☆ブリや蜂蜜は身体に気(生体エネルギー)を補充する薬膳素材なので、暑さでバテないよう、スタミナ補給に作りました。蜂蜜にはお通じを促す働きがあるので、いきむチカラが弱くて便秘がちなお年寄りのお通じ改善にも応用が利きます^^
分量
人分
材料
分量
人分
材料
作り方
  1. ブリの水気をふいて小麦粉をまぶし、オリーブオイルを敷いたフライパンで両面こんがり焼いて、一旦取り出す。
  2. フライパンにAを入れて加熱し、1を戻して全体に絡めながら、余計な水分を飛ばす。
  3. 分量外の紫蘇など香味野菜を添えて供する。(画像は夏バテ予防のお弁当に詰めた例)
レシピのメモ

♡気の流れをよくして、お通じを改善する働きをさらに高めたい場合は、紫蘇や山椒など、芳香で気を巡らせる香味野菜をそえるとよいでしょう。

♣参考文献・データ

ナチュラル薬膳生活入門編』須崎桂子 ナチュラル薬膳生活文化普及協会
薬膳素材の分類 補気類 ブリ p.115 はちみつ p.116 参照

The following two tabs change content below.
中医師から中医学・薬膳学を習得。心の状態で体調を崩したことから、健康の維持・増進、病気の予防・治療には食事だけでなく、運動やリラグゼーションも必要なのに気づく。そこで抽象的な伝統医学に現代の生理学や栄養学も掛け合わせて、ライフスタイル医学の暮らし方「ナチュラル薬膳生活Ⓡ」を考案。2008年にナチュラル薬膳生活文化普及協会を設立して、心・体・魂が喜ぶ薬膳フードセラピーの暮らし方を、人生に前向きな大人女性たちに配信し続けている。