フツーの家庭料理が「薬膳」に変わる!?けいてぃーさんの魔法♡

ナチュラル薬膳生活シニアインストラクター須崎桂子☆けいてぃーさんです♪

先月のカンカン照りや寝不足がたたったのか、8月に入ってなんだかゆらゆら・・・軽いめまいのような感覚。

でも、軽い症状なのでまずは自分で食養生で様子を見ることに。

もちろん重度ならみなさんもお医者さまに行って診てもらってくださいね。

めまいとひとくちに言っても、中医学的にみると不調のタイプはイロイロあるので、見立てには注意が必要です。

更年期のココロの症状や目のかすみなども気になったので、「肝」が貯えている「血(けつ)」が足りないかな・・・と、「血の不足によるめまい」と、不調のタイプ分けをしました。

血をチャージする薬膳で軽いめまいをケア

そしてブレックファストは、血をチャージするのに役立つ「卵」や「しめじ」を使ってオープンオムレツに。

朝から気功のおけいこに出かける前だったので、ささっとカンタンに作りました。

今朝は少し涼しかったものの、更年期特有の熱っぽさがあるので、熱を緩やかに冷ます夏野菜、茄子やトマトやズッキーニも加えて。

赤色や紫色のキレイな植物色素成分を含んだお野菜もお食事に取り入れると、細胞が錆びるのを防ぐから、血脈を守るのにもグッドですね^^

更年期に入ってからココロとカラダが卵を欲するので、血の不足を感じるときにはよく頂きます。

「しめじと夏野菜のオープンオムレツ」

フツーの家庭料理が「薬膳」に変わる!?けいてぃーさんの魔法のレシピ☆

朝、あまり時間がなかったから、ドサッと盛りつけてしまいました(^^ゞ

ナチュラル薬膳生活を知っていると、薬膳素材の働きや中医学理論を使って、おいしく健康管理ができちゃいます。 

【薬膳レシピ集】更年期ケアの薬膳 しめじと夏野菜のオープンオムレツ

元気な人でもめまいのない人でも☆おいしく召し上がれる家庭薬膳の朝ごパン^^

作り方をアップしましたので、カンタンおいしいけいてぃーさんの家庭薬膳☆よろしかったらお試しあれ。

Print Recipe
しめじと夏野菜のオープンオムレツ
更年期症状によるイラっとしたキブンやめまいなどをケアする薬膳フードセラピー♪ 肝血の不足にっよる軽いめまいを感じた朝に薬膳講師が実際につくったブレックファストの一品です☆卵やしめじは血(けつ)の材料になる薬膳素材なので使いました、蒸し暑い夏の朝だったので、緩やかに熱を冷ます夏野菜もしめじと炒め、彩り鮮やかにオムレツにのせて。視覚的にココロを癒す効果もバッチリのカンタン家庭薬膳です。
分量
人分
材料
分量
人分
材料
作り方
  1. オリーブオイルをフライパンに入れてAを炒め、一旦取り出す。
  2. 卵と牛乳をよく溶いてフライパンに入れ、加熱してざっと混ぜたら、チーズを加える。
  3. 1をのせてなじませ、ヘラで4等分にして、すべらせながら、お皿に盛り分ける。
レシピのメモ

♡卵液は加熱しすぎるとぱさっとしておいしくなくなるので、緩めのうちに火を止めて供しましょう。

♣参考文献・データ

ナチュラル薬膳生活入門編』須崎桂子 ナチュラル薬膳生活文化普及協会
薬膳素材の分類 補陰類 鶏卵 p.121 補血類 しめじ p.123 参照

家庭薬膳はキレイと健康を守る日々の営み(^^)/

『ナチュラル薬膳生活入門編』 
薬膳素材の分類
補陰類 鶏卵 p.121
補血類 しめじ p.123 参照

健やかな暮らし方を学べる
薬膳&ハーブの教室
ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン

The following two tabs change content below.

須崎桂子

代表ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン ナチュラル薬膳生活文化普及協会
千葉県柏市で「薬膳ライフ」の先生&案内人を育成する本格的な薬膳教室を主宰しています。中国の薬膳を日本の家庭生活に取り入れやすい「ナチュラル薬膳生活」というライフスタイルの一環として家庭や社会に健康と幸せを届ける人材を育て続けています。 薬膳ライフコーチ・ナチュラル薬膳生活クリエイター