先人の知恵×科学的根拠に基づく「ナチュラル薬膳生活Ⓡ」情報を女性専門家に配信

 

ナチュラル薬膳生活文化普及協会は、医療従事者・管理栄養士・セラピストの女性専門家や、健康志向の高い大人女性の皆さんに「ナチュラル薬膳生活Ⓡ」を配信している情報サイトです。

 

ナチュラル薬膳生活で自分も人も幸せにしたい。同じ価値観を持つ仲間たちと絆を結んで共に成長したい。あいまいになりがちな精神世界を科学的な視点でとらえて社会に貢献する活動をしたい。

 

こうした願いを胸に秘めた大人女性に役立つ情報をお届けしています。

 

薬膳パーティーテーブル

 

貴女が将来への備えに「薬膳」というコトバに何となく惹かれて調べいるうち、ナチュラル薬膳生活にたどり着いたなら大歓迎。

 

インターネット社会が結んでくれた、この素晴らしい「ご縁」に感謝いたします。

 

  ナチュラル薬膳生活は、薬膳フードセラピーを中心に東洋伝統医学的な「運動法」や「リラクゼーション法」も取り入れているライフスタイル医学の暮らし方です。

 

心と体の養生にはヨガや光の瞑想も行って、生活全体をトータルに整えます。

 

ビジョン

 

薬膳の食事療法は心と体を作る基礎になりますが、食事に気をつけているだけで健康を守るのは難しいもの。

 

このためナチュラル薬膳生活文化普及協会では、薬膳の食事療法を中心に、「食事・運動・休養」の三本柱で、心身のバランスを整える暮らし方を配信しています。

 

「食事・運動・休養」健康の三本柱

 

しかし薬膳の食事療法の基礎になっている中医学の理論だけに頼っていると、やや抽象的なので実際の生活に活用しようとするとそのままでは難しい場合があります。

 

ですからナチュラル薬膳生活では、現代生理学や現代栄養学やメディカルハーブも取り入れて、バランスのとれた健やかな暮らしに生かしています。

 

ナチュラル薬膳生活ではバランスを整えて健康を守るガイドラインとして、人間の「心」「体」「魂」には「陰陽ホメオスタシスのネットワーク」というシステムが存在しているという仮説を立てています。

 

以下は「陰陽ホメオスタシスのネットワークシステム」の概念図です。

 

陰陽ホメオスタシスのネットワークシステム

 

目に見えずカタチのない「心」の状態が、物理的な肉体の「自律神経系」「免疫系」「内分泌系」と絡み合いながら影響しあって、ホリスティックに生命を維持している複雑なバランス状態を視覚化しています。

 

さらに「心」の中には、興奮と弛緩。

「自律神経」の中には、交感神経と副交感神経。

「免疫システム」の中には、亢進と抑制。

「内分泌システム」の中には、促進と抑制。

 

それぞれの中には「陽」と「陰」のような、正反対の要素が存在していて、お互いにシーソーのようにどちらか一方が増えれば、反対側が減るというバランス関係にあります。

 

陽と陰についてはこの後で説明します。

 

ナチュラル薬膳生活はこの仮説を前提に、これらの複雑なバランスが崩れないように、「食事」「運動」「休養(リラグゼーション)」で総体的に調和を保っていく暮らし方です。

 

日本の家庭に取り入れやすくアレンジしたナチュラル薬膳生活

 

ナチュラル薬膳生活は中医学の基本の理論と薬膳の考え方を、食事を中心に日本人の家庭生活に取り入れやすくアレンジしたライフスタイルです。

 

初めて薬膳について知りたい方は、まず中国の古代哲学から生まれた「陰陽(いんよう)」や「五行(ごぎょう)」と呼ばれる世界観を知るのがおススメです。

 

薬膳は中国古代哲学をみなもとに発達した中医学の理論で行う食事療法だからです。

 

陰陽太極図
♣陰陽太極図のイメージです。世の中には陰陽のどちらも共存していること。陰の中には陽があり、陽の中にも陰があることを視覚化しています。

 

中医学の「陰陽」や「五行」 は日本でもときどき耳にすることが多いと思いますが、もともと中国の古代人が創り上げた哲学的な自然観の一部分です。

 

たとえば、五行は外の世界の季節の変化や、それにつれて影響されやすい人間の心や身体のおたがいの関係を、木、火、土、金、水の要素になぞらえてビジュアライズしたとても素朴な理論です。

先人たちは素朴な自然観から生まれた理論を用いて、自然や自分の変化に合わせて心や身体をどう養生すれば、病気にならずに健やかに過ごせるか、後世のわたくしたちに伝えてくれています。

 

その養生法のひとつが「薬膳」、すなわち貴女やご家族のいのちをまいにち支えている大切な「食事」によるセラピーです。

 

ですから、薬膳はそのたいせつな日々の営みに、中国古代哲学や中医学の先人の知恵を取り入れた「食べる哲学」ともいえるのです。

 

第2の人生に備えたい大人女性が薬膳や精神世界に興味を持つ理由

 

体が大きな変化を迎える50歳からの大人女性は、年齢を重ねるごとに食べるものや、人生の奥そこに眠っている使命感や生きがいについて、自ら問い始める人たちが多いジェネレーション。

 

これからも家族と健やかに過ごして充実したキャリア人生を積み上げていくため、今まで以上に食事に注意を向ける大人女性が多いです。

 

そのわけは、仕事や家庭の両立や子育てで忙しくても、ご家庭の台所で食事作りを担ってきた皆さんが、食べ物で体調やお肌の調子などが変わることにとても敏感だからでしょう。

 

献立作りに悩む女性

 

しかも子供さんが手を離れる頃はご家族の介護が始まる時期と重なるタイミングでもあります。

 

肉親の死に直面することで、我々がどこから来てどこへ行くのか・・・哲学的な問いが自分の中にもたげてくる人も多いです。

 

そして未来を予見するチカラのある大人女性は、年老いたご家族の心と体の衰えを未来の自分の姿と重ね合わせて、未来に備えるために早めにアクションを起こし始めるようですね。

 

介護

 

不可逆的に進んで行く老化を止めることは、もちろん誰にもできません。

 

でも、大いなる存在から頂いた限りある命の質をなるべく落とさないように、緩やかなエイジングを目指すことはできます。

 

ですからナチュラル薬膳生活文化普及協会ではこうした大人女性の皆さんに、先人の知恵にならって自然の摂理に沿いながら、「食事」「運動」「リラグゼーション」健康の三本柱で生きる術をお伝えしているのです。

 

薬膳や精神世界への興味に目覚め、第2の人生を前向きに切り拓いていきたい大人女性の皆さんを応援。

 

あいまいでほんわかしたスピリチュアルや、とかく依頼心が強くしてしまう神だのみの宗教を越えて、心と体と魂をせふるめでぃケーションで健やかに保つ情報をお届けするようにしています。

 

玫瑰花茶のアロマセラピー効果

 

理事長からのメッセージ ナチュラル薬膳生活に興味を持ってくださった貴女へ

 

薬膳の先人の知恵はわたくしたち現代人に、変わりゆく季節や体調の変化に合わせ、大自然と調和しながら健やかに食べて生きる術を教えてくれました。

 

ナチュラル薬膳生活文化普及協会は、この術を「ナチュラル薬膳生活Ⓡ」に取り入れて、「陰陽ホメオスタシスのネットワークシステム」の仮説を立て、大人女性の美と健康を守る情報配信に活用しています。

 

「陰陽ホメオスタシスのネットワークシステム」を改めて眺めると、先人の自然観は素朴であるものの、かなり正しく人間の心や体の仕組みをとらえてきたのだなと感じます。。

心を癒す薬膳ワンプレートごはん

 

ナチュラル薬膳生活で健康のバランスが整うと、貴女はカラダの中の調和を保つだけでなく、カラダの外側の自然環境の変化とも上手にシンクロして生きられるようになります。

 

すると、健康の心配なく思いっきり好きなことにチャレンジできるようになるので、貴女の人生がより輝きを増していくことでしょう。

 

ナチュラル薬膳生活文化普及協会からのお知らせや活動が、人生を思いっきり健やかに200%味わい尽くしたい大人女性の皆さまのお役に立てば幸いです。

 

ハーブ薬膳茶と須崎桂子

 

ナチュラル薬膳生活文化普及協会理事長
須崎桂子けいてぃー♪

 

ナチュラル薬膳生活文化普及協会LINE公式アカウント
自分も人も幸せにしたい大人女性にお役立ち情報をお届けしています♪

友だち追加

 LINE公式アカウントの「お友だち」登録は
こちらのQRコードからもどうぞ!