こんにちは。薬膳ライフコーチ須崎桂子けいてぃーです♪

 

中医学と薬膳の専門書ながらAmazonレビューでも分かりやすいと評判!「ナチュラル薬膳生活®」オリジナル薬膳テキストを2冊出版して、本格的な薬膳を医療・セラピー・料理の専門家の女性たちに12年あまり伝え続けています。

 

薬膳ライフコーチ須崎桂子のプロフィール写真

 

新型コロナに翻弄された今年2020年ものこりわずか。

 

週末は2021年のさらなる飛躍を誓って、ちょっと早いクリスマス薬膳もちよりランチ会を、教室とオンラインのハイブリッド開催、密を避けて少人数で愉しみました。

 

アンチエイジングをテーマに仲間達と薬膳を持ち寄り、ミライに種をまく未来設計図のドラフトを描いて、それぞれの夢や誓いを分かち合うステキなひととき。

 

冬の薬膳会2020スイボスゼリー

 

その際、生徒さんが「ナチュラル薬膳生活」の暮らし方や調味料の使い方がムリのない5Kg減のダイエットにつながり、心も体も健やかに変わったと教えてくださったお話しです。

 

薬膳ライフが生徒さんの健康管理にダイレクトに役立っていることがとてもうれしかったので、分かち合わせていただきますね。

 

いろいろダイエットを試した。でも「ナチュラル薬膳生活」でムリなく減量に成功。

 

更年期のころから自分やご家族の体重が増えてきて生活習慣病が気になり始める女性たちは少なくありません。

 

けいてぃーけいてぃー

薬膳の先生をしているわたくしも同じこと。

 

ちょっと油断していると、年齢を重ねるにつれてどんな人でもでも代謝が落ちてくるので、愛する家族の体重や体脂肪だけでなく血糖値や血圧なども気になってきます。

 

食事療法や運動療法を使って減量をいろいろ試しても長続きせず、人生100年時代にこれからをどう健やかに過ごせるか心配になってきた方も多くいらっしゃることでしょう。

 

体重計イメージ

 

生徒さんからも以前、いろいろなダイエットを試したことはあるんですけどね、というお話しを伺っていました。

 

でもコロナ禍にも関わらず、いつもと変わらない笑顔で再会したら、『ナチュラル薬膳生活入門編』をお持ちくださって、まいにちの食事作りに活かしてくださっているとのこと。

 

薬膳はさることながら、わたくしの「ナチュラル薬膳生活®」の食事作りにおける「調味料の使い方」について、フードセラピーのポリシーがとても響いたそうなのです。

 

おかげでもムリなく5Kgくらい体重が減ったとのこと!

 

そこでそもそもなぜ薬膳にそんなに興味を持ったのか、ナチュラル薬膳生活の調味料の使い方をどのように食生活の改善に生かしたのか、くわしくお聞きしました。

 

現代医学や栄養学よりも先人の知恵の薬膳の考え方のほうが分かりやすい。

 

何年か前からいわゆる現代の医学や栄養学よりも、先人の知恵の食事療法にあこがれて薬膳で健康を守りたいと直感で願うようになり始めたとのこと。

 

難しいコトバや専門用語はどうもなじまないそうで、世の中が陰と陽から成り立っているという昔の賢人たちの素朴な自然観やスピリチュアルな感覚のほうが分かりやすかったのかもしれません。

 

たとえば下の図の陰陽太極図(いんようたいきょくず)は、先人の哲学的な世界観をビジュアル化して示しているよい例ですよね。

 

この世の中のモノやコトのうち、白い部分は太陽やアクティブな状態などを表し、黒い部分は月やリラックスな状態などを表しています。

 

陰陽太極図

 

画像で見ると平板な2次元に見えますが、実際の陰陽は3次元の球体に近いカタチ。

 

そしてひとつながりの世界をなしています。

 

だから、陰も陽もどちらも分けることができません。

 

陰と陽は、バランスをとりながら一緒に存在していて、どちらか一方が増えれば、相対的にどちらか一方が減るという状態をシーソーのように、ずっと繰り返していると考えられているのです。

 

シーソーバランス

 

生徒さんはこうした先人の知恵から生まれた薬膳のことをインターネットで調べて、「ナチュラル薬膳生活」興味を持ってくださいました。

 

中医学や薬膳学を理論的にとらえるというよりも、心や体のバランスを実際に食事で整えてみて、実際に感覚としてその効果を感じられたようです。

 

まずは陰と陽のバランスの考え方をご自身のデトックスに上手に生かしたので、ダイエットもうまくいったのでしょう。

 

調味料の使い方にこだわる「ナチュラル薬膳生活」で食の自己変革。

 

薬膳テキストには専門用語が多いけれど、「ナチュラル薬膳生活」の料理の仕方のポリシーの中に、調味料の選び方のことが書いてあって、興味をそそったらしいのですね。

 

それが家庭薬膳を始めて調味料の使い方を改善するという食の自己変革の始まりでした。

 

伺いましたら、それまでは化学添加物が入ったしょっぱい調味料などを気にしないで、たくさん使ってしょっぱかったり、甘かったり、濃い味付けのお料理をしていたそうなのです。

 

でも「ナチュラル薬膳生活」を知ってからは、ソースやたれを買うときは成分を気を付けて見るようになりました。

 

そして、なるべく自然の食材を使っているものを買うようにしたり、自分で手作りしたり、計量したりして、薄味を心がけているそうです。

 

ネパールの岩塩

 

このように素材のうまみを生かして、自然の調味を適度に使う大切さを読んで実践するようになったら、しょっぱい濃い味付けを身体が受け付けなくなりました。

 

そして薬膳食材の味わいそのものを、家族との食事で楽しめるように好みも変わってきたそうです。

 

生徒さん生徒さん

既製品の添加物が入った調味料でなく、自然派食材の調味料や、自分で手作りしたソース、必要最低限の自然塩や、甘味料をちょっと使うだけで、心を体がよろこぶおいしい家庭料理を作れるようになっている自分に気づいたんです!

 

けいてぃーけいてぃー

それはよかったですね。

 

生徒さん生徒さん

塩辛い味でも濃すぎると余計なモノが体にたまるのが分かるようになったんですよね。。。

 

このように嬉しそうに語ってくださいました。

 

するといつの間にか、食事制限しなくても老廃物が体から出て行って、その分いらないモノが減っていることに気付いたらしいのですね。

 

冬の薬膳会でアンチエイジング・ローカロリーなデザート分かち合い。

 

「ナチュラル薬膳生活カレッジ」では夏と冬に生徒さんたちと薬膳レシピを分かち合う薬膳会を開いています。

 

中医学で冬は老化が進みやすいシーズンと考えられているので、テーマはアンチエイジングでした。

 

そこで生徒さんは今自分なりに行っている薬膳フードセラピーを、抗酸化力のあるメディカルハーブとスーパーフードを使って、アンチエイジングの薬膳スイーツをもちよってくださいました。

 

生徒さんが選んだメインの食材は、「ルイボスティー」と「ゴールデンベリー」。

 

どちらも細胞がさびるのを防ぐ濃い植物色素が含まれているメディカルハーブでもあるので、アンチエイジングの薬膳素材にぴったりです!

 

しかも、デトックス系の薬膳食材の海藻類の加工食品、寒天でゼリー仕立て仕上げたのでローカロリーだし、ダイエット効果もばっちり。

 

新型コロナの感染の防止を気遣って、お店のおもちかえりスイーツのように、一人分ずつステキなクリスマスギフトのパッキングしてくださいました。

 

アンチエイジング&ダイエット ハーブ薬膳スイーツ

「ルイボスとゴールデンベリーの寒天ゼリー」

ルイボス&ゴールデンベリーの寒天ゼリー

 

しかも、「ナチュラル薬膳生活」の調味料の使い方をちゃんと応用してくださっていて、甘味を付けずに作った薬膳フードセラピーの理由を説明してくださいました。

 

そして、別ぞえにメープルシロップをわざわざ用意して、甘味アリと、甘味ナシの2種類の食べ方を一度に楽しめるように、工夫してくださったのです。

 

冬の薬膳会のメインは恒例の滋養を高める丸鶏の薬膳スープでこってりしていますから、食後のデザートには陰陽バランスをとるのに、こうしたデトックス系のデザートをいただくのは理に適っています。

 

黒豆と酒かすの丸鶏の薬膳煮込み

 

実際に丸鶏のスープを食べた後のおなかには、消化を助けるルイボスの苦みとゴールデンベリーの酸味が胃にほどよい刺激となりました。

 

薬膳やメディカルハーブの考え方で、苦味や酸味には健胃(けんい)や利胆(りたん)という働きがあって、胃をよく動かしたり、消化を促す胆汁の分泌を促すことが知られています。

 

だから生徒さんがお持ち下さった薬膳スイーツとご自身の薬膳フードセラピーのお話しは、わたくしにとって最高のクリスマスギフトで本当に嬉しい驚きでした。

 

こうして家庭薬膳を実践して大切な家族や友人たちに食べ方も提案できるようになったら、立派な家庭薬膳キッチンドクター。

 

コロナ禍の最中とはいえ、万全の注意を払って冬の薬膳ランチ会を開かせていただくことができて、本当にありがたかったです。

 

日本の家庭にこうして「ナチュラル薬膳生活」の人材が育っていることを実感することができ、感謝の想いで胸がいっぱいになりました。

 

 【薬膳ダイエット】食事制限ナシ5Kg減。「ナチュラル薬膳生活」調味料の使い方。まとめ

 

ナチュラル薬膳生活は中国で生まれた薬膳をそのまま日本の家庭生活に持ち込むのではなく、現代栄養学やメディカルハーブの科学的な視点も交え、日本で見つけやすい食材で薬膳ライフを提案しています。

 

今回は冬の薬膳会で生徒さんが分かち合ってくださったアンチエイジングやダイエットに役立つ「ルイボス&ゴールデンベリーの寒天ゼリー」をご紹介。

 

メディカルハーブも薬膳素材として使って、薬膳ダイエットができることと、生徒さんが実際にそれを実践して今回その効果を語ってくれたお話しでした。

 

「ナチュラル薬膳生活」の調味料の使い方もしっかりとり入れて、体に必要な味付けを必要なだけ調節して加える薬膳フードセラピーの応用も実践していらっしゃるご様子が、本当によく伝わって来ましたね。

 

コロナ禍にあっても未来志向で教室とZOOMオンラインを両方つないで、冬の薬膳会が開ける世の中になったのがまるで夢のようです。

 

「ナチュラル薬膳生活カレッジ」では、薬膳を体験してみたいみなさんの日程に合わせて、随時マンツーマンでこのように教室またはZOOMでレッスンのご予約を受け付けています。

 

座学レクチャーの理論を中心に薬膳レシピ教材つき。

 

目からうろこの薬膳の先人の食べる哲学のレクチャーや、中医体質8タイプによる診断薬膳カウンセリング、後日、薬膳カウンセリング、薬膳資格コースの1単位も含まれます。

 

もし貴女がコロナ新時代に薬膳の知恵を家庭や仕事にも活かしたい薬膳のプロを目指されるのでああれば、ともに「ナチュラル薬膳生活®」の未来の共通目標を語り合える仲間として、いつかお会いできたらいいですね。

 

コロナ新時代の心と身体の健康管理に薬膳を学んで仕事にも活かしたいオトナ女子を応援するために、薬膳体験パーソナルレッスンを2020年末まで、8,800円のところ、5,500円にて実施しています。

 

しかもご体験のうえ2021年1月から薬膳養成コース初級に入学して下さる方には、アマゾンレビューでも評価されている、薬膳のオリジナルテキスト『ナチュラル薬膳生活入門編』を差し上げています。

 

2021年の幕開け、コロナ新時代に薬膳の知恵を家庭や仕事にも活かしたいオトナ女子に役立つ薬膳体験ですので、ご興味がございましたらぜひ、この機会に薬膳体験パーソナルレッスンにお申し込みくださいね。

 

2021年の新年の満月

 

ご不明な点やご心配な点がございましたら、お申込みフォームからコメントにておたずねください。

 

薬膳体験レッスンバナー

 

では、「ナチュラル薬膳生活®」が、まいにち必ず摂るお食事を大切にしながら、人生を健やかに200%味わい尽くしたい、人生の使命(ミッション)を果たしたい、みなさんの美と健康を守るお役に立てば幸いです。

 

『ナチュラル薬膳生活入門編』
【前期】コーディネーター養成コース 公式テキスト

『ナチュラル薬膳生活応用編』 
【後期】アドバイザー養成コース 公式テキスト

   

***

 
薬膳ライフコーチ須崎桂子から
人生を健やかに200%味わい尽くしたい!
「オトナ女子」の皆さん
身も心も豊かになる便りをお届けしています。
【魂のごちそう薬膳ライフ】無料メールマガジン
どうぞご登録ください♪
読者登録フォーム
お名前(姓名)
メールアドレス
 

ナチュラル薬膳生活カレッジ無料メールマガジン

【魂のごちそう薬膳ライフ】無料メルマガ登録は
こちらのQRコードからもどうぞ!


LINE公式アカウント
で「お友だち」になってくださいね!

薬膳お役立ち情報をお届けしています♪

友だち追加

LINE公式アカウントの「お友だち」登録は
こちらのQRコードからもどうぞ!

薬剤師・看護師・セラピスト・料理家

専門家の仕事に薬膳の知恵をプラスする薬膳教室

最初の一歩は

ナチュラル薬膳生活コーディネーター養成コース(初級)

からスタート!

The following two tabs change content below.
中医師から中医学・薬膳学を習得。心の状態で体調を崩したことから、健康の維持・増進、病気の予防・治療には食事だけでなく、運動やリラグゼーションも必要なのに気づく。そこで抽象的な伝統医学に現代の生理学や栄養学も掛け合わせて、ライフスタイル医学の暮らし方「ナチュラル薬膳生活Ⓡ」を考案。2008年にナチュラル薬膳生活文化普及協会を設立して、心・体・魂が喜ぶ薬膳フードセラピーの暮らし方を、人生に前向きな大人女性たちに配信し続けている。