薬膳レッスンのひとこま

ナチュラル薬膳生活シニアインストラクターの須崎桂子です♪

ナチュラル薬膳生活専門家養成コースの最終日、薬剤師の生徒さんのご卒業に「修了証」をお渡ししました。

コーディネーター養成コース【前期】からアドバイザー養成コース【後期】まで通算して、理論レッスンを12回、調理レッスンを12回、全てお休みなしの受講です。

お忙しい中、規程の課題も、毎回きちんと提出してくださいました。

♣ナチュラル薬膳生活アドバイザー養成コース【後期】にて、修了証をお渡し♡

ナチュラル薬膳生活カレッジでは、ご卒業の後に認定資格試験を受験して、認定資格を取得なさるかどうかは、ライフキャリアのプランニングに合わせ、生徒さんご自身に決めて頂いています。

なぜなら、ナチュラル薬膳生活は自立&自律した生き方をそのものだからです。

薬膳のキッチンドクターを育むヨロコビ

ご卒業の生徒さんの最後の調理の課題は、血瘀証(けつおしょう)の薬膳レシピ作りでした。血瘀証は、何らかの病因で血の巡りが悪くなる不調のタイプです。

そしてご提出頂いたのは、気血をチャージして血(けつ)の流れをよくする「酒粕仕立ての鯖の味噌煮」でした。普段の暮らしの中で、薬膳フードセラピーを実践するチカラが身についたことが伝わってきて、本当に嬉しいです。

♣気滞血瘀証の薬膳 酒粕仕立ての鯖の味噌煮

養成コースでしっかり学んだ生徒さん達には、薬膳から生まれる健康のおすそ分けをご家庭や社会でどんどん実践して欲しいと思っています。

 ですから、こんな風に薬膳のキッチンドクターがどんどん育っていくことは、講師にとって大変なヨロコビなのです。 

薬膳の学びにも陰陽バランスを

 養成コースの生徒さん達は毎月、薬膳の基本となる中医学理論を理解するための理論の課題をこなします。そして、毎月の薬膳テーマにそって薬膳レシピを自分で考える調理の課題も繰り返し練習します。

♣調理レッスン12にて十全大補羊肉湯を盛りつけ。

薬膳の学びにも中国古代哲学の「陰」と「陽」のように、理論と調理の両方からアプローチする、「陰陽バランス」が大切です。

なぜなら、中医学理論だけではなかなか美味しい薬膳レシピは作れません。一方、調理実習だけでは薬膳のテーマに合わせて、薬膳素材や調理法を自分で選んで組み合わせられません。

薬膳と称して美味しいお料理を作ったとしても、例えば、水毒をデトックスしたい・・・などの目的に合わなければ、逆に浮腫みがひどくなる処方をしてしまう場合だってあります。

♣理論12レッスンにて、腎の陰陽バランス

このように、養成コースでは理論と実践を陰陽バランスよく学んでいるので、毎月、真摯に取り組んだ生徒さんの調理課題のレシピを拝見していると、

「お子さん達の健やかな成長のための薬膳フードセラピーを始めたんだなあ・・・」、

「お勤めで忙しい旦那様の疲れを癒す、ご家族のキッチンドクターになったんだなあ・・・」、

・・・のように、薬膳の専門家として成長していく様子がピーンと伝わって来ます。

薬剤師さんからの嬉しいコメント

ナチュラル薬膳生活専門家養成コースには、中国伝統医学が全く初めての方から、薬剤師さんや看護師さんのように医療従事者の方まで、自分で考えて薬膳を処方できるようになりたい生徒さん達が、入学してくださっています。

なぜ、現代の医療従事者の方も薬膳を学ぼうと思われるのでしょう?

例えば、薬剤師の生徒さんにお聞きしましたら、最初は薬学のカリキュラムに中薬(いわゆる漢方薬)もちょっと入っていたけれど、実物を見たことがなかったから、薬膳を学んで本物の中薬を見てみたかったというお答えでした。

食べるのが好きだし、中薬がお料理に入ったらどんなお味になるんだろうという興味もお持ちだったようです。

それから、これとは別に嬉しいコメントも頂きました。

「ナチュラル薬膳生活を学んだら、中医学の専門書を今まで読んでみても、今までは何だかよく分からなかったのが、よく分かるようになりました。」とおっしゃるのです。

♣表(ひょう)と裏(り)の不調に使う薬膳素材の違い

自分自身も薬膳を初めて学んだときに、中医学や薬膳学の専門書のあいまいな理論の説明は、とても分かりにくいと思いました。

中医学理論や薬膳素材の働きは、オリジナルの中国語の漢字で書かれていることが多いのですが、日本人は漢字が読めるので分かったような気になってしまうのです。

でも、実は同じ漢字の意味やニュアンスが、微妙に違っていたりすることが多いのです。

例えば、「裏(り)」が「裏側」というよりも「内側」を意味していたり・・・

ですから、中国の中医薬大学のテキストも辞書を引きながら調べたりして、中国語を勉強したことがない日本人の初学者さんにも分かるように気をつけて、養成コーステキストの『ナチュラル薬膳生活入門編』を書きました。

こんな嬉しいコメントを医療従事者の生徒さんから頂けたので、苦労して書いたかいがあったなぁ、とココロから嬉しく思いました(#^^#)

新設!養成コースベーシック体験<1日教室>

今年からこのナチュラル薬膳生活専門家養成コースのエッセンスにちょっと触れることができる、「養成コースベーシック体験会」を毎月行うことになりました。

これまでは、体験レッスンを受講してから、養成コースに入学する方が多かったのですが、それではご入学前になかなか養成コースの醍醐味が伝わらないからです。 

ナチュラル薬膳生活論・中医薬膳学・中医営養学についてのやさしいレクチャーと、薬膳素材の煎じ方やご試飲が含まれます。

ナチュラル薬膳生活養成コースベーシック体験レッスンについて

ナチュラル薬膳生活養成コース
4期制のクオーターシステム
1月(冬季)・4月(春季)
7月(夏季)・10月(秋季)
「健康になりたい。お仕事に活かしたい」
生徒さんの夢に合わせて薬膳の勉強を
始められる仕組みです☆

ナチュラル薬膳生活入門編』 「理論6」
「血瘀証」 p.188-189 参照

未来のワタシにキレイと健康を届ける✨
薬膳&ハーブの教室
ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン 

【薬膳・ハーブ 体験レッスン】お申込みフォーム

*「薬膳」・「メディカルハーブ」は「ナチュラル薬膳生活」の一部分です。

知ってました?(^_-)-☆
都内に出なくても千葉県内で
薬膳&中医学を本格的に学べるコト。

薬膳やハーブが心身のバランスを整えて
健康を守るメカニズムを
無料動画レッスンでご
体験頂けます♪

The following two tabs change content below.

須崎桂子

代表ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン ナチュラル薬膳生活文化普及協会
千葉県柏市で「薬膳ライフ」の先生&案内人を育成する本格的な薬膳教室を主宰しています。中国の薬膳を日本の家庭生活に取り入れやすい「ナチュラル薬膳生活」というライフスタイルの一環として家庭や社会に健康と幸せを届ける人材を育て続けています。 薬膳ライフコーチ・ナチュラル薬膳生活クリエイター