生徒さん達の声が励み♡まいにちブログで届ける「ナチュラル薬膳生活」

ナチュラル薬膳生活クリエイター須崎桂子☆けいてぃーさんです♪

このところ生徒さん達から、毎日けいてぃーさんのブログを楽しみにしていますというお声が続々と届いています^^

けいてぃーさんと会うのが久しぶりなのに、そんな感じがしない。毎日けいてぃーせんせいの顔を見ているから(#^^#)って、も~。生徒さんから嬉しいメールが届いていますよ。

♣金柑風味のワケを薬膳チックに説明中のけいてぃーさん

でも、やっぱり、””けいてぃーさん(鮮度高い!)にレッスンで会うのが楽しみ♪トカ。

チコちゃんは永遠の5歳だけど、けいてぃーさんはピチピチの55歳✨デス。

今日は、そんな老眼世代になっても、白髪染めしないで、おばあちゃんになっても、精力的に薬膳活動を続ける覚悟のけいてぃーさんの美肌にもつながる薬膳素材「金柑」のオハナシ。

♣ポットラックに蓋をする前に「黄耆のチキン煮込み金柑風味」を自然光で撮りました^^ photo by けいてぃーさん

でも、その前に言わせてね。

自分の中のKPI(Key Performance Indicator)・目に見える定数目標(重要業績評価指数)として、年初からブログ行を続けていてよかった!

2019年で365本!「ナチュラル薬膳生活のおいしいブログ」をお届けできるように頑張ります。生徒さん達の声が本当に励みです。

本日2月23日時点で、まだ8本足りないのですが💦どんどん溜まると後が苦しくなる(>_<)

だから今日も世の中に役立つ楽しい薬膳の話題をせっせとお届けします^^

気を巡らす金柑で「ナチュラル薬膳生活」のプレゼン

では薬膳素材の金柑に絡めて、昨日お約束したお教室の先生たちのハイレベルなポットラックの様子を、動画付きでどうぞお楽しみください。

たぶんしばらく、「飛常識」な教室経営コンサルタント高橋貴子せんせいが主宰する起業アカデミーのコンサル生せんせい達の集いの話題が続きます。イロイロな意味ですごかったから。

 

今回の集まりは、先輩のコンサル生の高橋教子せんせいのスタジオジェンマさんでの企画でした。

このところ、貴子せんせいが結んでくださるご縁はすごくて、教子せんせいのスタジオは実はけいてぃーさんの育った東京都小平市にあります。

貴子せんせいの門下生は、日本全国から集まっているので、入門してすぐ小平市でお菓子教室をしている教子せんせいのコトを伺った時には、びっくり!

しかも、なんと教子せんせいは、もう22年もスタジオジェンマを続けていらっしゃるそうなのです。小平に住んでいるとき知らなかった~!

今回の集まりのテーマは『貴子せんせいを癒す会』、サブテーマは、『先生業をやっているお互いの事業内容の紹介+美味しいモノの分かち合い』。

これをポットラックパーティー風に愉しもうじゃないか・・・と言った感じでした。

で、まず、トップバッターの薬膳講師のけいてぃーさんが、貴子せんせいを癒すためにエネルギーをチャージする「黄耆のチキン煮込み金柑風味」を題材にプレゼンテーション。

白が基調の清潔感あふれるスタジオジェンマさんのダイニングスペースでちょっと緊張。

最後にちょこっと、金柑の香りを活かして、エネルギー補給の薬膳素材を身体にもたれないように仕上げた、組み立て理論の工夫に触れました。

昨日のブログでも触れたように、「気」(生体エネルギー)を補給する薬膳素材は。取り込んだ滋養を身体中に巡らせないと「気」一か所に滞ってガスでお腹が張って痛くなったり、もたれたりしやすいもの。

 

そんなリスクを減らすのが、香りのよい薬膳素材を組み合わせるコト。

季節感も演出したかったので、今出回っている旬の金柑の香りを使うことにしました。

 

そして、柔らかく炊き上がった鶏肉と食感が合うように、金柑をコンポート状に煮てあしらったことを言い添えました。

♣金柑の蜂蜜日本酒コンポート

【薬膳レシピ】金柑の蜂蜜日本酒コンポート

【テーマ】補給した気を全身に巡らせる

【食養生の手法】気の流れを促進させる

【材料】

金柑 3個
日本酒 大1
蜂蜜 小1
水 大2

 【作り方】

①金柑を輪切りにして種を除く。
②材料を全てソースパンに入れて5分加熱する。

貴子せんせいのコメントとアドバイス

大勢にスマートフォンで動画を撮って頂いてキンチョーしましたが、何でこのお料理が薬膳か少しは伝わったならよかったです。

お題が忙しい貴子せんせいを癒すコトだったので、せんせいの疲れを癒そうと、エネルギー(気)チャージを主題に薬膳の目的をお伝えしました。

薬膳講師のオハナシは、貴子せんせいにもお気に召してくださって、嬉しいコメントとアドバイスを頂きました。お世辞のないストレートなせんせいなので ^_^; ほっ。

何より嬉しかったコメントのは、最初の一口をご試食くださって「やさしい味!」とおっしゃってくださったコト(´▽`)「けいこさんらしい~♪」って。

これは、けいてぃーさんの家庭薬膳を最初に召し上がるどの生徒さんも、まず口にするコメントと同じ。

そう。「けいてぃーさんの薬膳の味は、やさしい味」なのです。

その秘密は精製度が高い調味料(上白糖)や化学調味料を使わないから。

単一成分に近い精製されたり、人工的にある成分を高濃度に凝縮した調味料は、ピンポイントに来るとんがった味がします。

けいてぃーさんは天日干しの海塩やミネラル豊富な粗糖やじっくり熟成させた紹興酒やお酢などを利用するので、お料理にいろいろな成分が微妙に絡み合ってマイルドな味になるのです。

それから、もうひとつ参考になったアドバイスは、女子のお客様のハートをつかむには、薬膳理論はもちろん、「美容効果」も明快にプラスしたほうがいいかもと。

お教室コンサルタントの貴子せんせいは、必ずこんな風に気づきをちょこっとヒントとしてくださいます。

ですので、このブログで美容の切り口からも「黄耆のチキン煮込み金柑風味」をご紹介ということで、補足ポイント^^

♡今回は筋と脂の多い鶏もも肉を使ったので、プルプルのコラーゲンがかなり含まれています。ですので、お肌を内側から食事でケアするインナービューティーにもよし。

♡黄耆の煎じ液はエネルギー補給や免疫力調整の働きのほか、浮腫みを取り除く作用があります。ですから、美貌につながるデトックス効果も期待。

♡金柑は皮ごと頂くので柑橘類の果皮に含まれるヘスペリジンという植物化学成分を摂れるのがウレシイ。ヘスペリジンは毛細血管の透過性を調整したりするので、間接的にお肌をキレイにする働きが期待できるのです。

・・・ということは、「黄耆のチキン煮込み金柑風味」は美肌の薬膳のにも応用が利くというコト。例え、黄耆の煎じ液を使わなくても美肌効果は抜群です。

けいてぃーさんの「黄耆のチキン煮込み金柑風味」のレシピは、日頃のご愛顧に感謝して、メールマガジン会員さま限定でお届けする予定です♡

では、お教室せんせいのポットラックの集いのオハナシの続きはまた後程、お届けいたしますね。

家庭薬膳はキレイと健康を守る日々の営み(^^)/

ナチュラル薬膳生活入門編
薬膳素材の分類 理気類 金柑
p.164 参照

未来のワタシにキレイと健康を届ける✨
薬膳&ハーブの教室
ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン

The following two tabs change content below.

須崎桂子 けいてぃーさん

代表ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン ナチュラル薬膳生活文化普及協会
2008年から千葉県柏市で、薬膳教室を開いています。日本の家庭生活に合わせ、ライフスタイル医学の一環として、「ナチュラル薬膳生活」を楽しくお伝えしています♪ ***ナチュラル薬膳生活クリエイター***
スポンサードリンク