鴨肉♡「紅まどんな」蜜柑の香りで薬膳に

ナチュラル薬膳生活クリエイター須崎桂子☆けいてぃーさんです♪

生徒さんから頂いた「紅まどんな」は数日間キッチンのカウンターに飾り、どうお料理しようかと、その美しい橙色をしばし鑑賞していました。

愛媛のブランド農産物だというのは、生徒さんから頂いてすぐ分かったのですが、ネーミングの由来が夏目漱石の松山を舞台とした小説『坊ちゃん』のマドンナだとは気づきませんでした! 

愛媛県で誕生した、ゼリーのような食感の柑橘で、「紅まどんな」はその愛称です。松山市が舞台の小説「坊っちゃん」に登場するマドンナから名づけられました。
甘い香りと果汁が多いのが特長です。皮が薄いので、カットフルーツでお召し上がりください。
旬は11月下旬~12月で、お歳暮などのギフトに最適。

■お問い合わせ先■
えひめ中央農業協同組合 直販部
TEL 089-943-2173
FAX 089-931-8632
URL http://www.ja-e-chuo.or.jp/

まつやま農林水産物ブランド化推進協議会

 まつやま農林水産物ブランド化推進協議会さんによると、「ゼリーのような食感」とありますが、プルプル感というより、ジューシー感のほうが強い印象でした。

「カットフルーツでお召し上がりください」のおススメですが、柑橘類の芳香は薬膳フードセラピーに活用したいココロをそそります。

♣調理前の紅まどんな 切り口の写真を撮るのを失念(>_<)

鮮やかな橙色の薄くて柔らかい果皮を切ると、じんわりよい香りの果汁がにじみ出しましたもの。

そして、結局どうしたかというと珍しく骨付きの鴨のもも肉を1本だけ、上質な食材を扱うKEIHOKUさんの精肉コーナーで発見!

(本当は2本二人分欲しかった。。。)

紅まどんなさんには、『坊ちゃん』の「うらなり」と結婚ではなく、「鴨肉」とマリアージュして頂こうと閃きました。

そして、仕上がったのが「ココロとカラダを癒す薬膳 鴨肉のコンフィ風 紅まどんなの香り」。

♣生徒さんから頂いた紅マドンナ(蜜柑)で鴨肉を仕上げました。

薬膳フードセラピーでは柑橘類の芳香はココロを癒し、気の巡りを良くすると言われています。

そして、鴨肉はこのところの乾燥したお天気でパリパリのカラダを潤してくれる薬膳素材のお肉です!

従って、「紅まどんな」さんと「鴨肉」さんのマリアージュで「心身を癒す薬膳」というワケでした。

とっても美味しくて、本当は2皿作りたかったです。

愛媛ご出身の生徒さま♡ごちそうさまでした!

家庭薬膳はキレイと健康を守る日々の営み(^^)/

ナチュラル薬膳生活入門編
薬膳素材の分類 各論
補陰類 鴨肉 p.121 
理気類 蜜柑 p.165

未来のワタシにキレイと健康を届ける✨
薬膳&ハーブの教室
ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン 

 

知ってました?(^_-)-☆
都内に出なくても千葉県内で
薬膳&中医学を本格的に学べるコト。

 

The following two tabs change content below.

須崎桂子 けいてぃーさん

代表ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン ナチュラル薬膳生活文化普及協会
2008年から千葉県柏市で、薬膳教室を開いています。日本の家庭生活に合わせ、ライフスタイル医学の一環として、「ナチュラル薬膳生活」を楽しくお伝えしています♪ ***ナチュラル薬膳生活クリエイター***
スポンサードリンク