【ナチュラル薬膳生活マガジン20161201】

キレイに健やかになる暮らし方~バックナンバー

2017年に創設した「ナチュラル薬膳生活マガジン」アーカイブへ、今ごろ慌ててバックナンバーを引き続き収載。

ですので、古い記事で季節外れの記事満載でごめんなさい<(_ _)>

でも、ご興味がございましたら、どうぞお楽しみください。

♣薬膳・ハーブの専門書が充実した柏本校サロンの図書スペース

ナチュラル薬膳生活マガジンメイトの皆様:

こんにちは。

ナチュラル薬膳生活の須崎桂子です♪

私たち人間だけでなく鳥さんもインフルエンザのニュースが!(バックナンバーなので、2016年12月のオハナシ

寒くて乾燥した冬の邪気(じゃき)が、そろそろ猛威をふるい始めましたね。

 しかし、皆さんが邪気にマケズ、この年の暮れ(バックナンバーなので、2016年12月のオハナシ)も元気で過ごされるよう願っております。

「羊肉」で薬膳を作るってハードルが高い?

さて、今月は「羊肉」の薬膳フードセラピーが話題です。

 ちょうど昨日、先月最後の薬膳レッスンでは(バックナンバーなので、2016年12月のオハナシ)、寒い冬にカラダを滋養する「羊肉のドライカレー」が大好評でした。

♣カゼ予防の薬膳「羊肉のドライカレー」調理実習のご試食テーブル

「羊肉が近くのスーパーで手に入りやすくなったけど、いつも家族の大好きな焼肉でばっかり食べてた・・・」 

「羊肉ってスーパーで見てもどうやって料理していいか分かんなくて、買ったコトなかった・・・」

 「羊肉って触ったこともなかった・・・」

 「羊肉のお料理って、そんなに臭くない・・・」

 ご試食の薬膳テーブルからは、生徒さん達のこんな声が聞こえて来て、薬膳講師はにんまり。

生徒さん達のお皿は全員からっぽ。 嬉しそうに完食して頂くたびに、充実感に満たされます。

 羊のお肉はお腹から下を温めつつ滋養を高めるので、中国の特に寒い地域では冬の食養生に大活躍する薬膳素材です。 

最近は近隣のスーパーマーケットでも、羊肉が手に入るようになりました。

 そこでレッスンでは、日本の家庭料理に合うようにアレンジして、冬の邪気に負けない羊肉の薬膳をご紹介しました。 

生徒さんからは、おうちで羊肉料理は作ったことがないし、今まではハードルが高かったというお声がありましたので、カンタンおいしい「羊肉のピリ辛チンジャオロースー風」を皆さんにもご紹介させて頂きます。 

羊肉について、もし同じように感じていらっしゃいましたら、どうぞ参考にしてみてくださいね。

「羊肉のピリ辛チンジャオロースー風」 レシピと補足ポイント

【薬膳レシピ】羊肉のピリ辛チンジャオロースー風

【テーマ】冷え症ケア・冬の季節薬膳

【食養生の手法】羊肉で身体を温め冷え症体質改善・冬の寒さからカラダを守る

【材料(4人分)】

◎羊肉の細切り(またはこま切れ) 150
◎日本酒 大1
◎醤油 小1
オリーブオイル 大1
生姜の千切り 10g
ピーマンの千切り 2個分
豆板醤 1ml

 【作り方】

①羊肉を◎で15分マリネする。
②フライパンにオリーブオイルと生姜を入れて加熱し、羊肉を加えて強火で炒める。
③羊肉の色が変わったらピーマンを加えて、さっと加熱する。
④仕上げに豆板醤を加えて手早く混ぜる。

 【補足ポイント】

①羊肉のお料理は身体の内側から滋養しておいて、免疫力を高め、カゼをひいたり、老化が進みすぎたりしないようにケアする冬の食養生に向いています。 

②万が一カゼやインフルエンザに罹って発熱の症状が出てしまっている状態のとき、羊肉は身体を熱くして症状を悪化させるので向きません。

③ 冬の寒さで起こりやすい不調の予防や、熱病の症状が落ち着いて病後の回復期に食するなど、羊肉は体調や季節のコンディションに合わせてお楽しみください。

 薬膳の考え方を参考に、厳しい冬の寒さにマケズ年末年始(バックナンバーなので、2016年12月のオハナシ)も健やかにお過ごしくだされば幸いです。

「クスパ収載」ナチュラル薬膳生活レシピ100選

当校は今夏(バックナンバーなので、2016年12月のオハナシ)からお料理教室サイト「クスパ」に登録させて頂き、ヘルシーな薬膳レシピを一般公開致しております 。

お通じスッキリ「羊肉のピリ辛チンジャオロースー風」の薬膳レシピも収載しておりますので、分かりやすい画像付きでプリントできます。

https://cookingschool.jp/recipe/23173

よろしければどうぞご活用ください^^ 

薬膳づくりのツボって?

こんな風に、薬膳は伝統医学を取り入れた食事療法です。 ですから、薬膳づくりにはおいしさだけでなく、必ず目的に合わせて食材や調理法を決めていきます。

 ・・・ということは、薬膳レシピはあくまでも参考。

 薬膳づくりのツボは、目的に合ったレシピの組み立て理由、食材の働き、そして調理法です。 

これを知って使いこなせば、自分や家族にぴったりな薬膳レシピにさっとアレンジできるようになります。 

薬膳の考え方を参考に、秋から冬の天候変化にマケズ健やかにお過ごしくだされば幸いです。

ナチュラル薬膳生活®を本格的に学んでご自分で家庭薬膳レシピを考えて作れるようになりたいなって、本気で思ったら是非「初めてさんの本格派薬膳体験レッスン」にお越しくださいね♪

本格派薬膳体験☆今スグ申し込む♪

(了)

家庭薬膳はキレイと健康を守る日々の営み(^^)/

ナチュラル薬膳生活入門編
薬膳素材の分類 各論
補陽類 「羊肉」p.127 参照

未来のワタシにキレイと健康を届ける✨
薬膳&ハーブの教室
ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン 

初めてさんの本格派薬膳体験レッスン

本格派薬膳体験☆今スグ申し込む♪

知ってました?(^_-)-☆
都内に出なくても千葉県内で
薬膳&中医学を本格的に学べるコト。

薬膳やハーブが心身のバランスを整えて
健康を守るメカニズムを
無料動画レッスンでご
体験頂けます♪

The following two tabs change content below.

須崎桂子 けいてぃーさん

代表ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン ナチュラル薬膳生活文化普及協会
2008年から千葉県柏市で、薬膳教室を開いています。日本の家庭生活に合わせ、ライフスタイル医学の一環として、「ナチュラル薬膳生活」を楽しくお伝えしています♪ ***ナチュラル薬膳生活クリエイター***
スポンサードリンク