「介護期間ゼロ=健康寿命100%!」を目指す「ナチュラル薬膳生活」を学べる柏の本格的な薬膳教室

 

薬膳ライフにご興味をお持ちの皆さんこんにちは。

 

こうして「おいしいブログ」をお読みくださり、ご縁に心から感謝しています。

 

ナチュラル薬膳生活クリエイター須崎桂子が、薬膳ライフを豊かにする【魂のごちそう薬膳素材】を、自ら執筆した薬膳公式テキストからやさしく紐解いてお届けします。

そろそろ年末年始に溜め込んだ老廃物を上手に身体の外に追い出したい時期になりました。

 

そこで今回は【魂のごちそう薬膳素材】からデトックスに役立つ「そら豆」のお話しをピックアップします。

 

 

薬膳フードセラピーを語るには、先人の経験則を中心とした中医薬膳学だけに頼ると、科学的な実証が不十分なことが少なくありません。

 

ですから「ナチュラル薬膳生活メルマガ教室」動画では、現代栄養学やメディカルハーブの見地も踏まえて、毎回ピックアップした薬膳素材を、健やかな薬膳ライフにどう活用できるか楽しくご紹介しています。

 

※動画を見られない環境にいらしたり、お話しで出てくる中国伝統医学(中医学)や薬膳学の専門用語の漢字や読み方を確認したいときは、文章で続きをお読み頂けます。

 

デトックス系 去湿類 「そら豆」 便秘や浮腫みの改善に

 

そら豆はデトックス系の去湿類(きょしつるい)に分類されている薬膳素材ですが、気(生体エネルギー)を補給して身体を滋養する働きも兼ね備えている豆類の植物です。

 

「ナチュラル薬膳生活における薬膳素材の分類体系」は、「体温調節系」「営養補給系」「デトックス系」「機能調節系」の4つに分かれています(『ナチュラル薬膳生活入門編』p.21)。

 

そら豆は薬膳素材の大きな体系のくくりの中で「デトックス系」。つまり、何らかの方法で身体の中にたまった毒素を取り除く働きを持つ系統に含まれているというわけです。

 

このようにナチュラル薬膳生活文化普及協会は、薬膳フードセラピーの暮らしを始める皆さんが薬膳素材を理解しやすいように独自の分類体系を設けて、ナチュラル薬膳生活専門家養成コースの公式テキストの「薬膳素材辞典」に収載しています。

 

【魂のごちそう薬膳素材】が暮らしに薬膳フードセラピーを取り入れて、人生を200%健やかに充実させたい皆さんのお役に立てば幸いです。

 

去湿類というのは、身体の中に溜まった「湿(しつ)」を取り除く薬膳素材の分類です。

 

もともと中国伝統医学(中医学)の診断学で使う用語です。

 

湿は身体の中に溜まった水毒の病的な産物で、関節や頭部などいたる所に霧のように散在して、痛みや浮腫みや重だるい不快感を引き起こします。

 

腸管に溜まった宿便などの老廃物にも湿は含まれています。

 

ですからそら豆を薬膳作りに活用すれば、湿を取り除くのに役立つというワケです。

 

それから薬膳素材には、体温に対して働きかけるか否か、どんなお味の性質があるか、五臓六腑のどこに主に働きかけるか、薬膳作りの参考となるよう特徴がひとつひとつ臨床経験の文献で伝えられてきました。

 

現代は先人の知恵に基づくデータが科学や栄養学で研究されている事例は少なくありません。

 

そら豆の働きを中医薬膳学で見てみると・・・

 

◎体温に対する作用は、身体を温めもしない冷ましもしない「」の性質です。

 

◎味性は、身体を滋養する甘味を持ちます。

 

◎消化器系統のに働きかけます。ここでいう脾は現代生理学の脾臓ではなく、中医内科学の解釈による観念的な「脾」という体幹の真ん中つまりお腹のあたりにあるとされる臓器です。

 

そら豆の中医薬膳学的な働きは・・・

 

◎「利水(りすい)」という利尿作用があります。

 

◎食べ物の消化が済んで出来上がった栄養物質のモトを、身体の上の方に運び上げる働きを持つ脾の機能を健やかにする「健脾(けんぴ)」という作用があります。

 

◎消化と吸収を担当している脾と胃の働きを助けて、身体に気(生体エネルギー)を補給する「補中益気(ほちゅうえっき)」という作用があります。

 

そら豆の現代栄養学的・メディカルハーブ的な働きは・・・

 

◎身体の中の細胞内液に存在して水分バランスの調整に関わっているカリウムを440mg(生・可食部・100g当たり)含んでいます。

 

ですから、余計な水毒が体内に溜まると腎臓から取り除く利尿の作用があるので、「利水(りすい)」に役立ちます。

 

◎主成分が炭水化物(糖質)なので、体内でエネルギーに代謝されてエネルギーを生む働きもあるのです。

 

こうした栄養学や現代生理学から見た働きは、薬膳の先人が遺した「健脾(けんぴ)」や「補中益気(ほちゅうえっき)」を実証しているといえるでしょう。

 

便秘解消トリオ「そら豆」「ほうれん草」「豆乳」

 

そら豆はさやから出して塩ゆでして皮を剥いて食べるのがスタンダードな食べ方ですよね。

 

わたくしはそのそら豆をカンタンおいしい家庭薬膳、しかも「シニア世代に備えたいオトナのふたり薬膳」に仕上げました。

 

「ふたりでずっと健やかに幸せに暮らしたい♡」

 

そんな願いを持っている、

 

わたくしと同世代のキッチンドクターの貴女に捧げたい

 

「カレと愉しむ♡心身ほっこりおうち薬膳」のご提案。

 

「そら豆とほうれん草の豆乳クリーム仕立て」

 

♣そら豆とほうれん草の豆乳クリーム仕立て

 

便秘解消トリオの「そら豆」・「ほうれん草」・「豆乳」で腸管からいらないモノをさっさと出して、大腸がんを予防する薬膳になります。

 

そら豆に豊富なセルロースの多糖類は、整腸作用・抗がん作用・循環器疾患を予防する働きが期待できる食物繊維です。

 

ですから、コレステロールや老廃物を腸管から取り除くので、糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病を予防する薬膳にもなります。

 

補血類(ほけつるい・血を補給する薬膳素材の分類)のほうれん草と、そら豆と同じ去湿類(きょしつるい)の豆乳に補気類(ほきるい・気を補給する薬膳素材の分類)を合わせた、温かとろーり豆乳米粉クリーム仕立ての家庭薬膳の一品。

 

ほうれん草も豆乳も、お通じを良くする「通便(つうべん)」の働きがありますから、そら豆と合わせてトリオで使えばデトックスの相乗効果がぐんとアップします。

 

そら豆と同じ去湿類の豆乳については以下「けいてぃーさんのまいにち薬膳素材♪豆乳」動画レッスンも併せてご参照ください。

 

 

【魂のごちそう薬膳素材】のお話しが、皆さまの健やかな薬膳ライフのお役に立てば幸いです。そら豆については、薬膳講師が執筆した公式テキストにてご参照頂けます。

 

デトックス系 去湿類 そら豆

体温への作用・味の性質・臓腑への働きかけ・作用

平 甘 脾胃

利水 清熱 生津止渇

栄養素・生理機能成分

カリウム カルシウム ナイアシン イソフラボン

ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB₆ モリブデン 葉酸

 

そら豆 参考文献は、薬膳講師の須崎桂子(すざきけいこ)著

『ナチュラル薬膳生活入門編』 p.160
【前期】コーディネーター養成コース 公式テキスト

『ナチュラル薬膳生活応用編』 p.147
【後期】アドバイザー養成コース 公式テキスト

を是非ご参照ください。 

 

 【魂のごちそう薬膳ライフ】無料メルマガをご登録ください!

身も心も豊かになる

ナチュラル薬膳生活の暮らしが届きます♪

 【魂のごちそう薬膳ライフ】無料メルマガ登録は
こちらのQRコードからもどうぞ!  

 

LINE公式アカウントで「お友だち」になってくださいね!
薬膳お役立ち情報をお届けしています♪

友だち追加

 LINE公式アカウントの「お友だち」登録は
こちらのQRコードからもどうぞ!

【魂のごちそう薬膳ライフ】を届ける
ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン

🔰初心者から本格的に学べる薬膳教室
ナチュラル薬膳生活コーディネーター養成コース 

The following two tabs change content below.

須崎桂子

代表ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン ナチュラル薬膳生活文化普及協会
千葉県柏市で「薬膳ライフ」の先生&案内人を育成する本格的な薬膳教室を主宰しています。中国の薬膳を日本の家庭生活に取り入れやすい「ナチュラル薬膳生活」というライフスタイルの一環として家庭や社会に健康と幸せを届ける人材を育て続けています。 ***ナチュラル薬膳生活クリエイター***