ひなまつりのテーブルにも家庭薬膳

ナチュラル薬膳生活シニアインストラクターの須崎桂子です♪

 明日はひなまつりなので、スーパーマーケットに行くと、お寿司の材料やはまぐりなど、ごちそうを作るための食材や加工食品がたくさん並んでいますね。

薬膳素材の菊花とあさりで

 ひなまつりの食卓には、本当ははまぐりのお吸いものが定番なのですが、菊花とあさりを椀物に仕上げたら、お手軽でとても美味しかったので、ご紹介しますね。

*菊花とあさりのお吸いもの 更年期ケアの薬膳 春の季節薬膳にも

 潤いが不足しがちな春の身体を滋養したり、のぼせやすい更年期症状をケアしたり、ココロを癒す薬膳フードセラピーにも応用が利く椀物に仕上げました。

 カンタンで、美味しくて、マイルドに作用するお吸いもの♡よろしければ、ご家族のみなさんでお楽しみください♪

 あさりをはまぐりに変えてひなまつりのテーブルを彩ってもステキですね。

 菊花は秋の食材なのですが、春のちらし寿司をきれいに仕上げるのにも役立ちます。例えばこちらは、先月、生徒さんが春の季節薬膳レッスンで作った独創的な作品。菊花と桜花をあしらいました。おびなとめびなみたいですね(#^^#)

菊花とあさりのお吸いもの

 菊花とあさりのお吸いものはココロを癒す薬膳フードセラピーの調理例として作りましたが、こんな風に春のおひなまつりの薬膳テーブルにも活用できますよ・・・というご提案でした。

菊花を最後にさっと加えると、黄色が目にも鮮やかで香りも立つので、とても美味しいのですが、時節柄、菊花が手に入りにくいときは、かわりに切三つ葉やせりなどをあしらって、香りを楽しんでもいいと思います。

春のちらし寿司とあさりのお吸いもの

 身体を潤しながら解毒する働きもあるので、糖尿病や脂質異常症のケアなど、生活習慣病の予防・治療や、ダイエットに取り組んでいる方の食養生にもお勧めです。1人分で約20kcalと低カロリーなのも嬉しいですね。

 【家庭薬膳レシピ集】でご紹介していますので、どうぞ参考にしてみてください。

Print Recipe
ココロを癒す薬膳 菊花とあさりのお吸いもの
更年期もケアする春の季節薬膳♪ カラダを潤している陰が減って、更年期に始まるイライラや熱感は、春の陽気で起こりやすい不調にそっくり。そんなときは、あさり汁にきれいな菊花を散らして緩やかに熱を冷まし、心を穏やかにする薬膳がおススメです。
分量
人分
材料
分量
人分
材料
作り方
  1. 砂抜きしたあさりと水を鍋に入れて加熱し、口が開いたら海塩、日本酒、薄口醤油で調味する。
  2. 菊花を洗ってがくを外し、花びらをほぐして加える。
  3. さっと加熱して、めいめいの椀に盛り分けて供する。
レシピのメモ

♡あさりは塩分を多く含んでいることが多いので、塩味は控えめにつけて調整しましょう。
♡ひなまつりに供する場合は、あさりのかわりにはまぐりで作るとよいでしょう。

♣参考文献・データ

ナチュラル薬膳生活入門編』須崎桂子 ナチュラル薬膳生活文化普及協会

日本食品標準成分表2015年版(七訂)』文部科学省

ナチュラル薬膳生活入門編
薬膳素材の分類 化痰類
あさり p.156 参照

未来のワタシにキレイと健康を届ける✨
薬膳&ハーブの教室
ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン 

【薬膳・ハーブ 体験レッスン】お申込みフォーム

*「薬膳」・「メディカルハーブ」は「ナチュラル薬膳生活」の一部分です。

知ってました?(^_-)-☆
都内に出なくても千葉県内で
薬膳&中医学を本格的に学べるコト。

薬膳やハーブが心身のバランスを整えて
健康を守るメカニズムを
無料動画レッスンでご
体験頂けます♪

The following two tabs change content below.

須崎桂子

代表ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン ナチュラル薬膳生活文化普及協会
千葉県柏市で「薬膳ライフ」の先生&案内人を育成する本格的な薬膳教室を主宰しています。中国の薬膳を日本の家庭生活に取り入れやすい「ナチュラル薬膳生活」というライフスタイルの一環として家庭や社会に健康と幸せを届ける人材を育て続けています。 薬膳ライフコーチ・ナチュラル薬膳生活クリエイター