山楂子~香港研修ツアー薬膳素材ショッピングリストから

ナチュラル薬膳生活シニアインストラクター須崎桂子☆けいてぃーさんです♪

毎秋恒例の香港ツアー!カウントダウンに入りましたので、薬膳素材えらびの話題をシリーズでお届けしています。♪

今日は山楂子(さんざし)をご紹介します。詳しくは『ナチュラル薬膳生活入門編』の薬膳素材の分類・消食類・201ページもご参照を。

♣血の巡りをよくする甘酸っぱい山楂子黒糖茶。

香港で買えるこんな「ちょっと珍しい薬膳素材」をけいてぃーさんがどんなふうに家庭料理にしているのか、出発までにご紹介しています。

一緒に行く生徒さん達が、「どの薬膳素材を買おうか、買ったらどう家庭薬膳に使おうか」、滞在中に買いそびれないように、そして、買ったモノを帰国後に無駄にせず、ぱっとお料理できるようにするため☆

強い酸味が特徴の山楂子

山楂子は日本でも植え込みで育てられていたりするので、見かけたことがある人がいるかもしれません。

秋になるとこんな姫りんごのような実をつけます。

香港ではこの実をスライスして乾燥させた山楂子が、手軽に手に入ります。

♣中国の薬膳の先生から頂いた山楂子の果実です

 

山楂子はすっごく酸っぱいので中国ではりんご飴みたいに、串刺しにして飴がけしたお菓子が昔は食べられていたようです。

日本でもデパートのドライフルーツやナッツの移動店舗で、山楂子をお砂糖と練って拍子木のカタチの小さな棒状に切って加工した中華菓子たまに売られています。

ですから、日本でも棒のお菓子のサンザシを見かけたことがある人がいらっしゃるかもしれませんが、もとはこんな風な果実です。

薬膳素材としては、山楂子の酸味を消化を助けるのに使います。酸味で胃をきゅっと刺激して動かす「健胃」作用が期待できるのが、その理由です。

♣丸鶏の煮込みに山楂子の煎じ液を加えて。

こってりした脂肪分の多いお肉を煮るときに、山楂子を入れると柔らかくなるし、消化を助けてもたれないので便利です。

こうした理由で、冬の薬膳会でご紹介する丸鶏の熟地黄煮込みにも、山楂子の煎じ液を隠し味に加えようかと思っているんですよ。

♣山楂子茶に黒砂糖を入れているトコロ。

山楂子には、血脈を温めて血流をよくする働きがあるので、身体を温める働きのある黒砂糖と一緒に、冬の甘酸っぱい薬膳茶に淹れるのもおススメ。

一生楽しみたい!家庭薬膳フードセラピー

けいてぃーさんは「けいてぃーおばあちゃん」になったって、キッチンにしっかり立ってお料理を作れる限り、みんなで家庭薬膳を楽しみたいと思っています^^

でも、「ピンピンコロリ」でない限り、イノチが消える間際まで、家庭薬膳作りを延々と続けるのはムリ。

ですから、キレイと健康を守る「ナチュラル薬膳生活」イコール「けいてぃーおばあちゃんの知恵」を、次の世代へ広くお伝えしているというわけです。

♣薬膳チックな香港スイーツ亀ゼリーも食べに行きましょう!

けいてぃーさんと香港研修ツアーに一緒に行く生徒さん達にも、本場の薬膳素材を「見て」「味わって」「買って」帰国後に薬膳に「作って」、ナチュラル薬膳生活に是非活かして欲しいのです。

気軽に薬膳フードセラピーを楽しめる「ナチュラル薬膳生活ハウス」を作るのが将来の夢のひとつ。

こんな薬膳ハウスが、街のあちこちにあったらいいな~♪なんて思いつつ未来に向かって今から精進の日々です。

家庭薬膳はキレイと健康を守る日々の営み(^^)/

ナチュラル薬膳生活入門編
薬膳素材の分類 
消食類 山楂子 p.201 
参照

健やかな暮らし方を学べる
薬膳&ハーブの教室
ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン

The following two tabs change content below.

須崎桂子

代表ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン ナチュラル薬膳生活文化普及協会
千葉県柏市で「薬膳ライフ」の先生&案内人を育成する本格的な薬膳教室を主宰しています。中国の薬膳を日本の家庭生活に取り入れやすい「ナチュラル薬膳生活」というライフスタイルの一環として家庭や社会に健康と幸せを届ける人材を育て続けています。 薬膳ライフコーチ・ナチュラル薬膳生活クリエイター