中医学でとらえる更年期症状のメカニズムって?

ナチュラル薬膳生活シニアインストラクターの須崎桂子☆けいてぃーさんです♪

けいてぃーさんは更年期症状の真っただ中.

カラダの陰陽バランスを保つのがとても難しい年代に入っています。

「陰」と「陽」っていう概念は、抽象的で分かりにくいと思いますが、中国の古代哲学を源とする万物のとらえ方。

世の中は「陰」と「陽」という全く正反対の要素から成り立っていると考えています。

例えば、「陰」はカラダの熱を冷ます潤いであるならば、逆の「陽」はカラダを温める熱源のような要素。

中医学的にいうと更年期は、女子力に関わる「陰」の要素が徐々に女性のカラダから失われていく年代です。

すると、熱を冷ます「陰」の潤いが減ってくるので、相対的に「陽」の熱のチカラが増えてしまうので、更年期の女性はヘンな熱感に悩まされたり、ホットフラッシュに見舞われることがあるのです。

 

だから、こんな症状に悩む女性達には「陰」をチャージする薬膳フードセラピーがおススメ。

 アスパラガスの潤いで「陰」の女子力アップ

例えば、けいてぃーさんも更年期世代なので、陰を補う補陰類の立派なアスパラガスをゲットして大喜び。

早速、ホットフラッシュなどの予防に、茹でアスパラに瑞々しいトマトやチーズあしらってディナーに。陰を補給したから女子力アップでイイ感じです♪

 

♣アスパラのカルダモンヨーグルト添え

潤い野菜の盛り合わせでカンタンおいしいカワイイ家庭薬膳。

更年期でなくても、春先に起こりやすいのぼせの予防や、熱があるときの解熱、乾燥シーズンに渇きを癒すのにも重宝します。

カルダモンパウダーがなかったら、ヨーグルトソースにレモンピールを加えても爽やか☆

ヨーグルトやチーズも「陰」の潤い補給に役立ちます(^^)/

アスパラのカルダモンヨーグルト添えのレシピ

よろしかったらお試しを (#^^#)

Print Recipe
アスパラのカルダモンヨーグルト添え
更年期症状によるホットフラッシュなどをケアする薬膳フードセラピー♪ カラダには五臓を滋養して程よく熱を冷ます陰(いん)があります。陰を消耗する更年期は、陰陽バランスが崩れて相対的に心身が熱くなるからホットフラッシュなどの不調が。そんなときに頂きたい、アスパラのサイドディッシュ♡盛り合わせたアスパラガスやトマトには、緩やかに身体の熱を冷ましたり、潤いをチャージする働きがあるので、発熱の際のケアや、乾燥肌の改善にもおススメ。
分量
人分
材料
分量
人分
材料
作り方
  1. アスパラガスを斜め2cmに切り、トマト、チーズとともに器に盛る。
  2. ◎を混ぜてカルダモンヨーグルトソースを作り、1に添えて供する。
レシピのメモ

♡アスパラガスは、はかまをピーラーで取り除き、熱湯でさっと短時間で茹で色鮮やかに仕上げます。

♣参考文献・データ

ナチュラル薬膳生活入門編』須崎桂子 ナチュラル薬膳生活文化普及協会
薬膳素材の分類 補陰類 アスパラガス p.119 参照

家庭薬膳はキレイと健康を守る日々の営み(^^)/
ナチュラル薬膳生活入門編
薬膳素材の分類 各論

アスパラガス 補陰類 p.119 参照

未来のワタシにキレイと健康を届ける✨
薬膳&ハーブの教室
ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン

The following two tabs change content below.

須崎桂子 けいてぃーさん

代表ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン ナチュラル薬膳生活文化普及協会
2008年から千葉県柏市で、薬膳教室を開いています。日本の家庭生活に合わせ、ライフスタイル医学の一環として、「ナチュラル薬膳生活」を楽しくお伝えしています♪ ***ナチュラル薬膳生活クリエイター***
スポンサードリンク