ナチュラル薬膳生活文化普及協会理事長、薬膳ライフコーチ須崎桂子けいてぃーです♪

 

これまで薬剤師、看護師、料理教室の先生、エステティシャン、薬膳の専門家になりたい大人女性のみなさんに、本格的な薬膳コースをオリジナルテキストで十数年教え続けてきた実績を持っています。

 

ハーブ薬膳茶と須崎桂子

秋~冬の季節薬膳(美肌・カゼ予防)2018年香港薬膳研修フォローアップ

昔むかし、香港好きが高じてイギリスから中国に返還される前に住んで働いてみました。

日本に戻って転職したり薬膳教室を開いてからも、香港の高温多湿が落ち着く秋に訪れています。

そしてここ数年は毎秋恒例「香港薬膳研修ツアー」を募っています。

生徒さん達がご参加くだされば薬膳素材を実際に見たり、薬膳チックにお食事を選んで食したり、非日常空間を楽しみながら学べる機会を作っているのですよ。

2018年もご参加の生徒さん達がいらしたので、10月5日~8日に行ってまいりました。

少人数で柔軟にスケジューリングするので、お天気などのコンディションに合わせて定番の香港観光スポットを訪れたり、けいてぃーイチオシのエリアにご案内しています♪

もちろん、けいてぃーも薬膳も香港も初めての生徒さまのご参加も歓迎光迎!(Welcome!)

気功の朝げいこの後、今回の研修ツアーでけいてぃーも初めてさんの生徒さま「魚片粥子(ゆっぴんじょっこ)」さま(勝手にニックネームをつけてしまってごめんなさい。)にお聞きました。

さて、朝ごはんは「またホテルのこぎれいなレストランでのお粥の朝食セットにする?」それとも「あの街角のジモティーに人気のありそうなお粥やさんにする?」

香港ジモティー粥店にチャレンジ

ホテル近隣の油麻地が工業油くさい地域なので、そこにあるお粥やさんがおいしいかどうか、けいてぃーも、ちょっと決断に勇気が必要でした。

でも、イロイロなお店の味を知りたいからやっぱり一緒にチャレンジ^^

ホテルの朝粥はとうもろこしと鶏肉のお粥の1種類しかなかったけれど、さすが街角のお粥専門店は種類が豊富。

初めてさんはまず、どれを頼んだらいいか分からないです。

それに、漢字から想像して頂ければ大体分かりますが、動物の「はらわた」っぽい臓物や、好き嫌いが分かれるピータン入りなどのお粥メニューが結構多い。

そこで、けいてぃーが香港の粥店では必ずオーダーするあっさりめで日本人のお口に合う魚片粥をおススメしました。

♣日本人が食べやすいけいてぃーおススメ魚片粥

「ホテルの朝粥の味と違う!」「旨味がスゴイ!」「生姜がきいていて美味!」

確かにけいてぃーも初めての粥店で大当たり!ウレシイな・・・

というわけで、こっそり^^

ここでは生徒さまを、「ゆっぴんじょっこ」さまと呼ばせて頂きます☆

ツアーの後で「ゆっぴんじょっこ」さまからまたまたウレシイメールを頂きました♡

とっても有意義な時間でした。
素晴らしい時間を共に過ごす事に感謝です。
ありがとうございました。
 
香港は本当にexcitingな街でした。
元気を沢山頂きました。
お互いの日々に張合いが出ますね。exciting
 
ナチュラル薬膳生活文化普及協会 アソシエイト会員
魚片粥子(ゆっぴんじょっこ)さまの声

はい~♪ お互いに香港でたっぷりエネルギーをチャージしましたから、引き続きexitingにナチュラル薬膳生活のある暮らしを謳歌して参りましょう! けいてぃーより(^^)/

では、2018年香港薬膳研修ツアーのハイライトやフォローアップを、引き続きどうぞお楽しみに♪

『ナチュラル薬膳生活入門編』
理論1 表 LOGIC1-1
「ナチュラル薬膳生活における薬膳フードセラピー」
自立かつ自律した生活態度

 

***ナチュラル薬膳生活Ⓡから《薬膳の専門家》を目指す方へご案内***

ナチュラル薬膳生活Ⓡは、大宇宙の季節変化に合わせる健やかな食生活で、台所から未来を変える暮らし方。

《薬膳の専門家》を目指す養成コースへ入学をご検討の方に、マンツーマンで薬膳体験パーソナルレッスンを随時実施しています

【薬膳体験パーソナルレッスン】詳細はこちら♪

薬膳体験パーソナルレッスンバナー
自分も人も幸せにしたい《薬膳の専門家》を目指す方に、
メルマガをお届けしています♪
魂のごちそう薬膳ライフメルマガバナー

LINE公式アカウントで「お友だち」になってくださいね!

薬膳生活お役立ち情報をお届けしています♪

友だち追加

LINE公式アカウントの「お友だち」登録は
こちらのQRコードからもどうぞ!

The following two tabs change content below.
中医師から中医学・薬膳学を習得。心の状態で体調を崩したことから、健康の維持・増進、病気の予防・治療には食事だけでなく、運動やリラグゼーションも必要なのに気づく。そこで抽象的な伝統医学に現代の生理学や栄養学も掛け合わせて、ライフスタイル医学の暮らし方「ナチュラル薬膳生活Ⓡ」を考案。2008年にナチュラル薬膳生活文化普及協会を設立して、心・体・魂が喜ぶ薬膳フードセラピーの暮らし方を、人生に前向きな大人女性たちに配信し続けている。