【ナチュラル薬膳生活マガジン20160901】

キレイに健やかになる暮らし方~バックナンバー

2017年に創設した「ナチュラル薬膳生活マガジン」アーカイブへ、今ごろ慌ててバックナンバーを引き続き収載。

ですので、文頭が季節外れの記事満載でごめんなさい<(_ _)>

でも、ご興味がございましたら、どうぞお楽しみください。

♣薬膳・ハーブの専門書が充実した柏本校サロンの図書スペース

ナチュラル薬膳生活マガジンメイトの皆様:

こんにちは。

 迷走台風(バックナンバーなので、2016年のオハナシ)が薬膳レッスンに影響しないかと、先月末は心配しましたが、無事に終えてほっと一息つきました。 

しかし、台風一過の翌日からは残暑の戻りが強烈で生徒さん達には水出しマテ茶で喉を潤して頂きました。 

マテは、薬膳生活のメディカルハーブのひとつです。ビタミン、ミネラル、植物化学成分が豊富なので、「飲むサラダ」とも呼ばれているほどです。

 汗と一緒にカラダから出てしまったミネラル補給に役立ちますから、皆さんもよろしければコンディションに合わせて活用してみてくださいね。 

但し、マテはカフェインを含むので、カフェインに過敏な方は秋の夜長に「不眠症」なったらタイヘン。

体質に合わない場合は、避けたほうがいいですね。

 ところで、薬膳の世界では「不眠症」のケアといえば心(しん)を滋養して精神に安らぎをもたらす「養心安神(ようしんあんしん)」という働きのある「棗(なつめ)」などの薬膳素材を用います。 

ちょうど先日、友人をアンチエイジングの薬膳「南瓜となつめのメープル煮」でおもてなししたばかりなのですが、不眠症のケアにも役立ちます。

好評でしたので、皆さんにもこちらの薬膳レシピをご紹介しますね。

秋の夜長は、窓の外から響いてくる虫の音を聞きながら読書などを楽しんで、気持ちよくすうっと眠りたいもの。

 食欲の秋を満喫したら、心(しん)を安らかに癒して、極上の秋の夜長をお楽しみください。

♣南瓜と棗のメープル煮

【薬膳レシピ】南瓜となつめのメープル煮

【テーマ】不眠症の薬膳フードセラピー

【食養生の手法】精神に安らぎをもたらすため、心(しん)に血(けつ)をチャージ。

【材料(4人分)】

面取りした南瓜 400g
棗(なつめ) 12個
昆布かつお出汁 100ml
メープルシロップ 小2
薄口醤油 小1
炒った割り胡桃 10g

 【作り方】

①厚手の浅いフライパンに南瓜、棗、昆布かつお出汁、メープルシロップを入れて蓋をかけ、強火で5分加熱する。

②中火に落として10分加熱し、薄口醤油を加えて弱火で煮汁がなくなるまでに含める。

③器に盛り胡桃をあしらう。

 【補足ポイント】

 加熱時間や火加減は調理器具によって異なるので、適宜調節してください。 

②薬膳素材となる甘味の調味料は、浮腫みを助長しないように、メープルシロップを使用しています。体質に応じて薬膳素材を使い分けてください。 

(了)

家庭薬膳はキレイと健康を守る日々の営み(^^)/

ナチュラル薬膳生活入門編
薬膳素材の分類 各論
補気類 大棗(たいそう・なつめ) p.113 参照

 

未来のワタシにキレイと健康を届ける✨
薬膳&ハーブの教室
ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン 

【薬膳・ハーブ 体験レッスン】お申込みフォーム

*「薬膳」・「メディカルハーブ」は「ナチュラル薬膳生活」の一部分です。

知ってました?(^_-)-☆
都内に出なくても千葉県内で
薬膳&中医学を本格的に学べるコト。

薬膳やハーブが心身のバランスを整えて
健康を守るメカニズムを
無料動画レッスンでご
体験頂けます♪

The following two tabs change content below.

須崎桂子 けいてぃーさん

代表ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン ナチュラル薬膳生活文化普及協会
2008年から千葉県柏市で、薬膳教室を開いています。日本の家庭生活に合わせ、ライフスタイル医学の一環として、「ナチュラル薬膳生活」を楽しくお伝えしています♪ ***ナチュラル薬膳生活シニアインストラクター***
スポンサードリンク