家庭薬膳で一足先に桜を楽しむ

ナチュラル薬膳生活シニアインストラクターの須崎桂子☆けいてぃーさんです♪

寒暖の差が激しい春の宵は、日が落ちると急に冷え込みますね。先日はそんな夜に、一足早く満開の桜に思いを馳せつつ、桜風味の甘酒茶をすすり身体を温めました。

血を巡らせ身体を温める薬膳茶は冷え症ケアにはもちろん、花冷えシーズンや夜桜見物の冷え対策にも重宝するので、ご紹介させて頂きますね。

このところ、柏本校サロンに向かう道すがら、色褪せ始めた近隣のお庭のしだれ梅を眺めつつ、そろそろ明原公園の満開の桜が待ち遠しい気分になってきました。

明原公園はサロン教室のすぐそばの小さな公園なのですが、桜の開花シーズンには、桜の天井を仰ぎ見るベンチがひそかな特等席になるんです。

2014年に撮影した明原公園の桜

ところでこの時期になると、いつも桜のつぼみが開くのを待ちきれず、薬膳テーブルを桜ご飯や桜アイテムで彩り始めてしまいます。

ついでにお風呂場にも桜の香りのせっけんを新しくおろして、バスタイムをエンジョイしています♪ 勝手におうちで桜開花宣言といったところでしょうか(#^^#)

薬膳素材えらび「酒かす」と「甘酒」の違い

こんな風に桜気分を満喫していますが、夜の冷え込みはまだ続きます。そんなとき、大好きな桜花漬けを塩抜きして薬膳レシピ作りのお仕事をしていたら、頂きものの上質な酒かすが、冷蔵庫にたっぷり残っているのを思い出しました。

そこで、身体を温めようと「酒かす」を使って、「甘酒茶」を作りました。仕上げに桜花漬けを浮かべたら、桜花と日本酒のいい香り・・・

*補気類の薬膳素材 頂きものの酒かす(アルコールを含みます。)

ふだん甘酒茶を作るときは「酒かす」ではなく、キッチンに常備している「甘酒」を使うのですが、「酒かす」仕立ての甘酒も大変おいしくて、身体がとても温まりました。

但し、レシピを「甘酒茶」とネーミングしましたが、日本酒のアルコールを含む薬膳素材「酒かす」が材料なので、立派なアルコール飲料です。アルコールが飲めない人に「酒かす」は禁忌なので、アルコールを含まない「甘酒」を使って作ってくださいね。

*補気類の薬膳素材 甘酒(アルコールを含みません。)

すると、じゃあ「酒かす」と「甘酒」って、どう違うの?どっちを使っても温める作用は同じなの?という疑問が湧きあがってくるかと思います。

どちらも薬膳素材なのですが、中医営養学と現代栄養学の両方の視点から、「酒かす」と「甘酒」の違いを比べながら、健康管理の目的に合わせてどちらを選んだらいいのか、ちょっと見てみましょう。

「酒かす」も「甘酒」も自然派食材の薬膳素材ですが、そもそも異なるプロセスで出来上がった加工食品です。

 ☯酒かすは、日本酒の製造過程でできる絞りかすで、アルコールを含みます。
 ☯甘酒は、お米を麹で発酵させたもので、アルコールを含みません。

薬膳素材名
性質・主成分
100gあたり

酒かす 甘酒
薬膳素材 分類  補気 補気 
四気  温
五味 甘 辛  甘 辛 
帰経  脾 肝 心 肺 胃 
主な作用  補気活血 温経活血 補気 生津 
感じる甘さ ほとんどない 自然な甘味がある
仕上がりの濃さ とろり さらり
エネルギー Kcal  227  81
 炭水化物  g 23.8  18.3 
 たんぱく質 g 14.9 1.7 
 脂質 g 1.5  0.1 
 カリウム mg 28  14 
 鉄 mg 0.8  0.1 
亜鉛 mg  2.3  0.3 
銅 mg 0.39 0,05
ビタミンB1 mg 0.03 0.01
ビタミンB2 mg 0.26 0.03
葉酸 µg 170
アルコール g 8.2

♣参考文献・データ
『ナチュラル薬膳生活入門編』酒かす 甘酒 p.116 須崎桂子 ナチュラル薬膳生活文化普及協会
五訂増補日本食品標準成分表』 酒かす 文部科学省
日本食品標準成分表2015年版(七訂)』 し好飲料類 甘酒 文部科学省

中医薬膳学に基づいてみると、「酒かす」も「甘酒」も同じ「補気類」という薬膳素材に分類されています。「補気類」ということは、「気(き・エネルギー)」をチャージする働きが主体の薬膳素材の分類だという意味です。

そして、中医営養学的に温性という身体を温める性質があり、「補気」だけでなく、「血(けつ)」の巡りをよくする「活血」という作用があります。

・・・ということは、アルコールを摂ってもいいかどうか判断したうえで、身体を温めるのが薬膳フードセラピーの目的であれば、「酒かす」でも「甘酒」でも、どちらでもよいわけです。

ダイエット・美肌・アンチエイジング・疲労回復なら?

でも、カロリーや舌で感じる甘さ、三大栄養素・ビタミン・ミネラルをどのぐらい含んでいるかを比べてみると、「酒かす」と「甘酒」ではかなり差があることが分かります。

例えば、身体を温めるついでに、ダイエット、美肌、アンチエイジング、疲労回復などにも、ちょっと意識をむけて選んでみるのも一考です。

ダイエットが気になるなら、低カロリーで甘みのある「甘酒」仕立てがおススメです。自然な甘さを楽しみながら、1人分で約40kcalで済むのが嬉しい限りです。「酒かす」は1人分で約113Kcalありますし、20Kcalていどの甘味をつけないと飲みにくいので、仕上がりが133Kcalくらいになってしまうのです。

血(けつ)や細胞を生み出して、美肌や若々しさも追及したいなら、造血に役立つ鉄や銅などのミネラルを含んでいて、細胞の再生に関わるたんぱく質やB2や葉酸がより多い、「酒かす」仕立てがおススメです。

疲労回復なら、どちらにも炭水化物や、炭水化物をエネルギーに変換するのに必要なビタミンB1が含まれているので、お好みで選ぶといいですね。但し「酒かす」のほうが、炭水化物もビタミンB1も多いので、疲れをとる効果は「酒かす」仕立ての甘酒茶のほうが高そうですね。

桜風味の甘酒茶

 こんな風に身体が温まって気分も華やぐ桜風味の甘酒茶♡おうちでカンタンにできる冷え症ケアの薬膳フードセラピーの一品です。

薬膳的にみるとよい香りは、身体にとり込んだ「気(エネルギー)」を隅々まで巡らせたり、ストレスを和らげます。どうぞ桜の香りを活かして、春のココロとカラダを癒してくださいね。

*冷え症ケアの薬膳 桜風味の甘酒茶(酒かす仕立て*アルコール含む)

くりかえしになりますが、お酒に弱い方やお子様向けには、アルコールの入っていない「甘酒」仕立てでどうぞ♪

【家庭薬膳レシピ集】にて、酒粕仕立て(アルコール含む)・甘酒仕立て(アルコールなし)、それぞれのレシピをご紹介しています。よろしければ、どうぞ参考にしてみてください。

Print Recipe
冷え症ケアの薬膳 桜風味の甘酒茶(酒かす仕立て*アルコール含む)
冷え症を改善する薬膳♪ 花冷えの日や夜桜見物のおともに嬉しい、春の季節感を楽しみつつ身体が温まる薬膳茶です。早春、梅の花を愛でその香りを楽しむシーズンが終わりに近くなると、次は桜の開花が待ち遠しくて、うきうきした気分になりますね。でもこの時期は、日中暖かな日差しが届くようになっても、朝晩は冷え込みますし、寒の戻りで「花冷え」となり、一日中寒い日もありますね。そんなときに是非お試しを。ただし、薬膳茶と命名しましたがアルコール入り酒粕仕立ての一品です。お酒が体質に合わない場合は、ノンアルコールの甘酒仕立て作ってくださいね。
分量
人分
材料
分量
人分
材料
作り方
  1. 鍋に酒粕と水を入れてに火かけ、木べらで混ぜながら煮溶かす。
  2. 火を止めて蜂蜜を加えて混ぜ、カップに注ぎ桜花をあしらい供する。
レシピのメモ

♡「アルコールを含む」酒かすを利用したレシピなので、お酒に弱い方やお子さんには禁忌です。

♡アルコールが体質に合わない場合は、酒かすのかわりに「アルコールを含まない」甘酒に変えるとよいでしょう。甘酒には甘味があるので、好みで蜂蜜の量は減らすか使わなくても結構です。

酒粕仕立ての甘酒茶(アルコールなし)の作り方も合わせてご参照ください。

♣参考文献・データ

ナチュラル薬膳生活入門編』須崎桂子 ナチュラル薬膳生活文化普及協会

五訂増補日本食品標準成分表』文部科学省

食材健康大辞典』監修 五明紀春 時事通信社

Print Recipe
冷え症ケアの薬膳 桜風味の甘酒茶(甘酒仕立て*アルコールなし)
冷え症を改善する薬膳♪ 花冷えの日や夜桜見物のおともに嬉しい、春の季節感を楽しみつつ身体が温まる薬膳茶です。早春、梅の花を愛でその香りを楽しむシーズンが終わりに近くなると、次は桜の開花が待ち遠しくて、うきうきした気分になりますね。でもこの時期は、日中暖かな日差しが届くようになっても、朝晩は冷え込みますし、寒の戻りで「花冷え」となり、一日中寒い日もありますね。そんなときに是非お試しを。ただし、甘酒茶と命名しましたがアルコールなしの健康飲料です。お酒が体質に合わない方もお子様も、安心してお召し上がりくださいね。
分量
人分
材料
分量
人分
材料
作り方
  1. カップに甘酒と湯を入れて混ぜ、桜花漬けを加える。
レシピのメモ

♡甘酒の分量は適宜調整して、好みの甘さに調整してくださって結構です。

♡桜花漬けをきれいに浮かべたいところですが、さらっとした甘酒茶に対して比重の重い桜花漬けは、沈んでしまいます。見た目の華やかさは失われますが、桜花漬けを塩抜きしたら刻んで加えると、お口に含んださいの味わいが均等になります。

酒粕仕立ての甘酒茶(アルコール含む)の作り方も合わせてご参照ください。

♣参考文献・データ

ナチュラル薬膳生活入門編』須崎桂子 ナチュラル薬膳生活文化普及協会

日本食品標準成分表2015年版(七訂)』し好飲料類 甘酒 文部科学省

食材健康大辞典』監修 五明紀春 時事通信社

家庭薬膳は健康を守る日々の営み(^^)/

ナチュラル薬膳生活入門編』 
薬膳素材の分類 補気類
「酒かす」「甘酒」 p.116 参照

未来のワタシにキレイと健康を届ける✨
薬膳&ハーブの教室
ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン 

知ってました?(^_-)-☆
都内に出なくても千葉県内で
薬膳&中医学を本格的に学べるコト。

The following two tabs change content below.

須崎桂子 けいてぃーさん

代表ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン ナチュラル薬膳生活文化普及協会
2008年から千葉県柏市で、薬膳教室を開いています。日本の家庭生活に合わせ、ライフスタイル医学の一環として、「ナチュラル薬膳生活」を楽しくお伝えしています♪ ***ナチュラル薬膳生活クリエイター***
スポンサードリンク