フツーの家庭料理が「薬膳」に変わる!?けいてぃーさんの魔法♡

ナチュラル薬膳生活シニアインストラクター須崎桂子☆けいてぃーさんです♪

「良薬口に苦し」と言いますが・・・、お食事で苦味をマズイと思いながらカラダにイイからとムリに食するのは苦痛(>_<)

でも、味の性質にはそれぞれ長所もあるから、今「苦味」を必要とする人は、食べておいしく感じたりする場合があります。

こんな風に個人差があることを知っているからから、自分の味に対するを生徒さまに押しつけたりしないように、普段から気をつけています。

例えば、苦味には熱を冷まして解毒する作用があるから、カラダが熱くって腸管に老廃物が溜まっていたら・・・

苦味野菜の薬膳素材の代表選手、苦瓜のお料理をおいしいって食べるかもしれません。

けいてぃーさんは冷え症体質なので、身体を冷やす苦瓜はふだんあまり食しませんし、食べたくないです。

でも、蒸し暑い季節になるとけいてぃーさんもむしょうに食べたくなるから不思議。

薬膳フードセラピーは中医学に基づいているから、これって自然なコトなんです。

苦味を増す旨味の魔法で

でも、ただでさえ薬膳は苦くてマズイお料理と思われがちなので、苦瓜をそのままのお味で食卓に出したら、マイナスイメージが膨らんでしまいます。

そこで、苦瓜の苦味を活かしてカンタンおいしい薬膳のもう一品を作ることに。

自分は残暑の蒸し暑さをケアする「薬膳」の目的で「苦瓜の梅おかか和え」をささっと作りました。

でもコチラ、実は糖尿病ケアの薬膳にも応用が利きます。

「苦瓜の梅おかか和え」

生活習慣病の予防にも薬膳

苦瓜は薬膳素材でもあり、メディカルハーブでもあり、血糖降下に役立つ植物化学成分を含むといわれているからです。

糖尿病のような生活習慣病は一度なってしまうと、治すというよりおつきあいになってしまいます。

まだ生活習慣病になっていない予備軍の状態でも、長い目で見て予防に役立つので、よかったら活用してみてくださいね。

こんな風に、家庭薬膳で生活習慣病を予防するなら、ムリにお薬を入れなくてもOK。

身近な食材から薬膳素材やメディカルハーブを見つけてその働きを知って、目的に合わせた調理法を用いれば、ご家庭でもカンタンにおいしく作れるのが、家庭薬膳のいいトコロ。

【薬膳レシピ集】糖尿病ケアに 苦瓜の梅おかか和え

植物化学成分も活用する和食薬膳^^

中医薬膳学的には熱冷まし、メディカルハーブチックにいえば生活習慣病のケアにも苦瓜♡

苦瓜に含まれるフィトステロールのチャランチンなど、イロイロな植物化学成分が、複合的に作用し合って、血糖降下に役立つと考えられているから。

鰹けずり節をたっぷりかけると、苦味が旨みを引き出すので、苦味が気にならずおいしく頂けます。

カンタンおいしいけいてぃーさんの箸休め和風薬膳☆よろしかったらお試しあれ。

Print Recipe
熱を冷ます薬膳 苦瓜の梅おかか和え
熱を冷ます和風薬膳♪ 苦瓜は、発熱や夏の暑さで身体が熱くなったときに、渇きを止めて 熱を冷ますチカラの強い薬膳素材です。熱による発汗で失ったミネラルは、梅干しの塩味からもとり込みます。かつお節を加えると苦味が旨みを増すので、苦瓜が食べやすくなる箸休め。チャランチンという植物化学成分は血糖値のコントロールにも役立つので、生活習慣病の予防にもいいですね。糖質をエネルギーに変えるのに必要なビタミンCを苦瓜からたっぷり、クエン酸を梅干しから摂れるので、ご飯と食べれば疲労回復にもGOODです! 熱を冷ます和風薬膳♪ 苦瓜は、発熱や夏の暑さで身体が熱くなったときに、 熱を冷ますチカラの強い薬膳素材です。熱による発汗で失ったミネラルは、梅干しの塩味からもとり込みます。かつお節を加えると苦味が旨みを増すので、苦瓜が食べやすくなる箸休め。
作り方
  1. 苦瓜の種を除き薄切りにしてさっと湯がく
  2. 梅干しの種を除いてたたき1と和えて、かつお削り節をあしらう。
レシピのメモ

♡苦味が苦手な場合はかつお節を増やすか、熱さましが主な目的であれば苦瓜を胡瓜やズッキーニなど、他の瓜類に替えてもよいでしょう。

♣参考文献・データ

ナチュラル薬膳生活入門編』須崎桂子 ナチュラル薬膳生活文化普及協会
薬膳素材の分類 清熱類 苦瓜 p.89 参照

食材健康大辞典』監修 五明紀春 時事通信社
ニガウリ p.69 参照

家庭薬膳はキレイと健康を守る日々の営み(^^)/

ナチュラル薬膳生活入門編
薬膳素材の分類
薬膳素材の分類 清熱類 苦瓜 p.90  参照

食材健康大辞典
ニガウリ p.69  参照

メディカルハーブの事典
ニガウリ(ゴーヤー) p.104

 

健やかな暮らし方を学べる
薬膳&ハーブの教室
ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン

The following two tabs change content below.

須崎桂子

代表ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン ナチュラル薬膳生活文化普及協会
千葉県柏市で「薬膳ライフ」の先生&案内人を育成する本格的な薬膳教室を主宰しています。中国の薬膳を日本の家庭生活に取り入れやすい「ナチュラル薬膳生活」というライフスタイルの一環として家庭や社会に健康と幸せを届ける人材を育て続けています。 薬膳ライフコーチ・ナチュラル薬膳生活クリエイター