ホワイトリカーで作れる手軽な薬膳調味料 薬膳酒 メディカルハーブチンキ

家庭料理を薬膳に変えるけいてぃー先生の魔法

 

ナチュラル薬膳生活シニアインストラクター・薬膳ライフコーチ須崎桂子(けいてぃー先生)です♪

今日の関東地方は久しぶりの猛暑日が戻ってきましたね!

35℃の真夏日になりそうなので、朝から苦瓜と人参のヨーグルト炒めをしっかり摂って、夏バテ予防の薬膳を頂きました。

 

苦瓜と人参のヨーグルト炒め
♣夏バテ予防の薬膳「苦瓜と人参のヨーグルト炒め」

 

仕上げにヨーグルトを大匙3杯加えると、苦味がマイルドになるのがポイントです。

 

これからちょっと遅い実家の父のお盆のお墓参りなので、今からガッツリ体力をつけ、炎天下でも元気にお出かけです。

 

さて、いきなり真夏の話題でしたが、今日のメインテーマは秋や冬のカラダの健康管理に役立つ薬酒やチンキの浸けこみについてご紹介します。

 

チンキって何っ?と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、ここでいうチンキは、赤チンのチンキではありません。

 

英語でいう、tincture(ティンクチャー)のことです。

 

 

チンキはメディカルハーブをアルコールに漬け込んで有効成分を抽出した、家庭で作れる西洋伝統医学のハーブ製剤です。

 

チンキはお料理よりも、うがい薬などに使うことが多く、柏本校サロン教室にもメディカルハーブのチンキを生徒さんが感染症にかからないよう、パウダールームに置いています。

 

先日は特に薬膳に使う薬酒の漬け込み用アルコールについて、生徒さんがお聞きになっていたので、よろしければご参考に分かち合わせて頂きます。

 

ホワイトリカー 薬酒やチンキに使うアルコール選びに

 

先日、薬膳とメディカルハーブを勉強している生徒さんがぽろっとつぶやいていました。

 

「薬酒を浸けようと思うのですが基材に使う手軽なアルコールが分からなくって・・・」

 

以前、お話ししたかと思っていたのですが、結構手軽なのが、ホワイトリカーです。

 

梅の実が熟す頃、今でも日本の家庭では梅酒を作ることが多いですよね。

 

その時によく使われるアルコール35℃のホワイトリカーは、たいていのスーパーマーケットに置いてあるから、手に入れやすいですよ。

 

 

例えば、枸杞酒(くこしゅ)を今から仕込んでおくと、寒さで傷めやすい腎(じん)をいたわるし、アンチエイジングにも女子力アップにもいいので、そろそろ準備しておくといいですね。

 

お湯割りやソーダ割りで飲んでもいいのですが、薬膳作りのお料理酒としてとても重宝しています。

 

 

メディカルハーブのお友達から頂いた、オーガニックのクリスマスリースも、そろそろいい感じのドライになったので、うがい用チンキに浸け込みました。

 

頂いた大切なメディカルハーブは無駄にせず、全部使い切るのがわたくしのポリシーです。

 

どーんとサロン教室のマントルピースの前に置いてあるので、お越しになったら見てみてください。

 

殺菌効果の高い、ローズマリー、タイム、セージの芳香成分がもうかなり抽出されています。

 

カゼやインフルエンザが流行する前に、サロン教室のパウダールームに設置しておきますから、ガラガラうがいに使ってください。

 

チンキに使うアルコール度数は40℃以上のウオッカがお勧めなのですが、薬膳の先生の仕事柄、常備しているホワイトリカーをよく使います。

 

薬酒やチンキに使うアルコールは度数があまり低いと、薬膳素材やメディカルハーツの有効成分が十分に抽出できませんし、腐敗してしまう可能性があるので、注意してください。

 

【薬膳レシピ集】アンチエイジングに 枸杞酒

Print Recipe
アンチエイジングの薬膳酒・調味料にも 枸杞酒
アンチエイジングの薬膳酒♪ 若々しさの鍵となる「腎」を滋養し、目をいたわる「肝」に作用する「枸杞の実」を漬け込んだ薬膳酒です。「枸杞の実」はここ数年にわかに「スーパーフード」として流行していますが、これって薬膳している人達は昔から使っていた、身近な薬膳素材の一つですよね^^氷砂糖や蜂蜜を入れなくても甘くて美味しく仕上がりますが、老化防止や貧血ケアの薬膳作りに料理酒として重宝します。ホワイトリカー(焼酎)には、血行を促進する働きもあるから、血を巡らす薬膳作りにもいいですね。薬膳講師が、煮魚、炒め物、お菓子の風味づけにしょっちゅう使っている、薬膳キッチンの常備調味料なんですよ♪
分量
年分
材料
分量
年分
材料
作り方
  1. 保存瓶に材料を入れる。
  2. 1か月以上漬け込んで濃い琥珀色になったら、飲みもの、お料理、お菓子作りなどに少しずつ使う。
レシピのメモ

♡健康飲料として少しずつお湯割りや炭酸割りで飲んでも美味です。
♡料理酒として加熱調理でどんどん使うと無駄なく使い切れます。
♡アルコールが体質に合わない場合は、枸杞酒の液体の部分だけを取り出してよく加熱し、アルコールを飛ばして使います。

♣参考文献・データ

ナチュラル薬膳生活入門編』須崎桂子 ナチュラル薬膳生活文化普及協会
薬膳素材の分類 
補陰類 枸杞の実 p.119 活血化瘀類 ホワイトリカー(焼酎) p.167 参照

Herbal Remedies』TINCTURES p.32 参照

 

参考文献

『ナチュラル薬膳生活入門編』
薬膳素材の分類
薬膳素材の分類 補陰類 枸杞の実 p.119 
活血化瘀類 ホワイトリカー(焼酎) p.167

『Herbal Remedies』TINCTURES p.32 参照

 

***

 
薬膳ライフコーチ須崎桂子から
人生を健やかに200%味わい尽くしたい!
「オトナ女子」の皆さん
身も心も豊かになる便りをお届けしています。
【魂のごちそう薬膳ライフ】無料メールマガジン
どうぞご登録ください♪
読者登録フォーム
お名前(姓名)
メールアドレス
 

 【魂のごちそう薬膳ライフ】無料メルマガ登録は
こちらのQRコードからもどうぞ!  


LINE公式アカウント
で「お友だち」になってくださいね!

薬膳お役立ち情報をお届けしています♪

友だち追加

 LINE公式アカウントの「お友だち」登録は
こちらのQRコードからもどうぞ!

【魂のごちそう薬膳ライフ】を届ける
ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン

🔰初心者から本格的に学べる薬膳教室
ナチュラル薬膳生活コーディネーター

The following two tabs change content below.

須崎桂子

代表ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン ナチュラル薬膳生活文化普及協会
千葉県柏市で「薬膳ライフ」の先生&案内人を育成する本格的な薬膳教室を主宰しています。中国の薬膳を日本の家庭生活に取り入れやすい「ナチュラル薬膳生活」というライフスタイルの一環として家庭や社会に健康と幸せを届ける人材を育て続けています。 薬膳ライフコーチ・ナチュラル薬膳生活クリエイター