フツーの家庭料理が「薬膳」に変わる!?けいてぃーさんの魔法♡

ナチュラル薬膳生活シニアインストラクター須崎桂子☆けいてぃーさんです♪

家庭薬膳は、現代西洋医学の治療が効かなくなっても、お食事が摂れる状態である限り、ムリのない範囲でおうちで楽しめる食事療法。

もちろん、ご病気の方もそのご家族も一緒に食卓を囲んでおいしく食べられるのがいいトコロですね。

けいてぃーさんはここ数年、難しいご病気に向き合うご家族のため、薬膳やメディカルハーブを学んで、「食」の面から懸命に家族のQOL(クオリティー・オブ・ライフ)を支え続けている生徒さまを、幾人か見守っています。

「血を補う調理レッスン」~「当帰補血湯の人参グラッセ」・「枸杞の実のシロップ」など

中国伝統医学(中医学)で考えると、難しいご病気には、血にかかわるもの、気にかかわるもの、特定の臓器に関わるものなど、さまざまな種類があります。

家庭薬膳は、病気を直接的にすぐ治すものではなく、健康を損ねてしまったバランスの崩れを、日々の食事で平衡な状態に戻そうとするフードセラピー。

例えば、カラダを滋養したり、外敵からカラダを守ったりする血や気が足りないようであれば、血や気をチャージするお料理の方法を考えます。

こうした失調をケアするとしたら・・・?

枸杞の実を活用して血の失調をケア

そこで、健康な方でもご病気の方でも楽しめる伝統的な薬膳素材の中から、ここ最近は日本のスーパーでも手に入れやすくなった「枸杞子(くこし・枸杞の実のこと)」にスポットを当ててみましょう。

枸杞子は、中医学でいう、血(けつ・カラダを滋養する赤い液体)や精(若々しさのモト)を養います。

だから、血が不足気味の貧血ケアにも、難しい血のご病気の方にも、健康の維持や増進、シニアの緩やかなエイジングにも、お子さんの発育を促すのにもおススメ。

枸杞の実~欧米ではスーパーフードのGoji Berries

数年前から枸杞子(くこし・枸杞の実)は、欧米でもスーパーフードと呼ばれて、ドライフルーツ系のスナックとして食べられるようになりましたよね。

2014年にイギリスにメディカルハーブの研修旅行に行ったときも、現地のハーバリストが枸杞の実をそのまま入れて固めたチョコレートを出してくださって、面食らった覚えがあります。

枸杞の実で作る、Super Energy Snack(エネルギーを「超」補給するおやつ・・・と言ったところでしょうか^^)としてのご紹介でした。

アメリカのスーパーマーケットでも、枸杞の実は、Goji Berries(ゴージーベリーズ)として、スーパーフードコーナーに店頭で山積みで売られています。

でも、枸杞の実は続けてたくさん食べ過ぎると、お腹が緩くなるので、ほどほどの量でお楽しみを^^

枸杞酒(くこしゅ)~日本の家庭薬膳作りに便利な調味料

けいてぃーさんの薬膳キッチンでは、枸杞の実を大量に仕入れてしまったら、ど~んと薬酒を作ります。

料理酒として活用すると、お台所の床下にしまい込んだりせずに、無駄なく使い切れるから。

但し、体質的にアルコールを使うといけない場合は十分に加熱して、アルコールを飛ばして利用してくださいね。

Print Recipe
アンチエイジングの薬膳酒・調味料にも 枸杞酒
アンチエイジングの薬膳酒♪ 若々しさの鍵となる「腎」を滋養し、目をいたわる「肝」に作用する「枸杞の実」を漬け込んだ薬膳酒です。「枸杞の実」はここ数年にわかに「スーパーフード」として流行していますが、これって薬膳している人達は昔から使っていた、身近な薬膳素材の一つですよね^^氷砂糖や蜂蜜を入れなくても甘くて美味しく仕上がりますが、老化防止や貧血ケアの薬膳作りに料理酒として重宝します。ホワイトリカー(焼酎)には、血行を促進する働きもあるから、血を巡らす薬膳作りにもいいですね。薬膳講師が、煮魚、炒め物、お菓子の風味づけにしょっちゅう使っている、薬膳キッチンの常備調味料なんですよ♪
分量
年分
材料
分量
年分
材料
作り方
  1. 保存瓶に材料を入れる。
  2. 1か月以上漬け込んで濃い琥珀色になったら、飲みもの、お料理、お菓子作りなどに少しずつ使う。
レシピのメモ

♡健康飲料として少しずつお湯割りや炭酸割りで飲んでも美味です。
♡料理酒として加熱調理でどんどん使うと無駄なく使い切れます。
♡アルコールが体質に合わない場合は、枸杞酒の液体の部分だけを取り出してよく加熱し、アルコールを飛ばして使います。

♣参考文献・データ

ナチュラル薬膳生活入門編』須崎桂子 ナチュラル薬膳生活文化普及協会
薬膳素材の分類 
補陰類 枸杞の実 p.119 活血化瘀類 ホワイトリカー(焼酎) p.167 参照

Herbal Remedies』TINCTURES p.32 参照

枸杞酒を使う薬膳レシピ例~いわしの枸杞酒煮つけ

じゃあ作った枸杞酒はどんな風に薬膳フードセラピーに使うの?

・・・というお声も聞こえてきそうだったので、こんな和食で薬膳はどうでしょう。

いわしの煮つけで♡カンタンおいしいけいてぃーさんの家庭薬膳^^どうぞお楽しみください。

Print Recipe
貧血ケアの薬膳 いわしの枸杞酒煮つけ
血を生みだして貧血をケアする薬膳♪薬膳酒・薬膳調味料としてレシピ公開している枸杞酒(くこしゅ)を使う薬膳フードセラピーです。難しい 血の病気を抱えたご家族を食の面から支え続けている、生徒さまの一助にと考えた和風薬膳。血(全身を滋養する赤い液体)や精(若々しさのモト)を、少しでも補充できますように!と祈りつつ、血脈を守る身近な薬膳素材のいわしを煮付けてみました。仕上がりは、日本人の舌に合う和食の煮魚の味わい。緩やかなエイジングにも役立つ薬膳なので、日本の家庭薬膳で病気の予防や、健康の維持増進を目指したいシニアの方にもおススメです。
分量
人分
材料
分量
人分
材料
作り方
  1. 深めのフライパンに◎を入れて煮立てる。
  2. いわしを右がしっぽになるように入れて、粗糖を振りかけ、蓋をかけて弱火で10分煮る。
  3. 蓋を外して醤油を入れ、煮汁をときどきかけながら、煮汁がほとんどなくなるまで煮つける。
  4. 紫蘇を敷いていわしを盛り、枸杞の実と生姜をあしらう。
レシピのメモ

♡いわしは、エネルギー補給や血液サラサラにも役立ちます。
♡煮汁が減って焦げないように時々様子をみながら煮つけましょう。
♡小ぶりで深めのフライパンを使うと作りやすいです。

♣参考文献・データ

ナチュラル薬膳生活入門編』須崎桂子 ナチュラル薬膳生活文化普及協会
薬膳素材の分類 補気類 いわし p.114  補陰類 枸杞の実 p.119 参照

一生楽しみたい!家庭薬膳フードセラピー

けいてぃーさんは「けいてぃーおばあちゃん」になったって、キッチンにしっかり立ってお料理を作れる限り、みんなで家庭薬膳を楽しみたいと思っています^^

でも、「ピンピンコロリ」でない限り、イノチが消える間際まで、家庭薬膳作りを延々と続けるのはムリ。

ですから、キレイと健康を守る「ナチュラル薬膳生活」イコール「けいてぃーおばあちゃんの知恵」を、次の世代へ広くお伝えしているというわけです。

気軽に薬膳フードセラピーを楽しめる「ナチュラル薬膳生活ハウス」の夢。

街のあちこちにあったらいいな~♪なんて思いつつ未来に向かって今から精進の日々です。

「当帰補血湯の人参グラッセを持つけいてぃーさんです。」

家庭薬膳はキレイと健康を守る日々の営み(^^)/

ナチュラル薬膳生活入門編
薬膳素材の分類 
補気類 いわし p.114  
補陰類 枸杞の実 p.119 参照

 

健やかな暮らし方を学べる
薬膳&ハーブの教室
ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン

The following two tabs change content below.

須崎桂子

代表ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン ナチュラル薬膳生活文化普及協会
千葉県柏市で「薬膳ライフ」の先生&案内人を育成する本格的な薬膳教室を主宰しています。中国の薬膳を日本の家庭生活に取り入れやすい「ナチュラル薬膳生活」というライフスタイルの一環として家庭や社会に健康と幸せを届ける人材を育て続けています。 薬膳ライフコーチ・ナチュラル薬膳生活クリエイター