しょうがみりんのアップルソース~クリスマス薬膳会にも

 

ナチュラル薬膳生活シニアインストラクター須崎桂子☆けいてぃーさんです♪

 

クリスマス恒例の冬の薬膳会は、今年は着席形式でちょっとリッチに満員御礼♡

 

薬膳会の打合せの後、キッチンにてひとり黙々と下ごしらえにいそしみました。

 

りんご、柚子、生姜を取り出して、剥いたり刻んだり♪

 

アップルソース、柚子のコンフィチュール、ジンジャードレッシング・・・

柚子の素晴らしい香りを楽しみながら気を巡らしつつお料理するのは、まさに薬膳クッキングセラピー気分です。

 

ブサイクな柚子のお姿は純正オーガニックの印☆家族が里山で自然に実ったものをどっさり収穫してきてくれました。

 

届いたばかりの柚子

 

先月、作ってみた「しょうがみりんのアップルソース」もご紹介しようかと思って。

 

クスパさんの「しょうがみりん」レシピコンテストに出してみた薬膳レシピなので、「しょうがみりんのアップルソース」の作り方は一般公開もしていますよ♪

 

 

簡単になのにとびきり美味しかったので、この間もお友達のホームパーティーに持って行ったばかり。

 

バゲットにのせて食べても結構イケました。

 

これをドレッシングに身体を冷やさないアンチエイジングの冬サラダで、お野菜をたっぷり召し上がって頂こうかと思っています。

 

ホットワインにもしょうがみりんのアップルソース

 

ナチュラル薬膳生活アドバイザーの三浦寛子さんに、こんなアイデアを話していたら、「しょうがみりん」をおうちで活用しているってウレシイご報告♡

 

なんと、寛子さんがクリスマス薬膳会のワークショップでお披露目する「フルーツやスパイスのホットワイン」に、「しょうがみりんのアップルソース」を入れても美味しいんじゃないかと、イロイロバリエーションをお考えになっているみたいです。

 

ホットワインのワークショップでは、アンチエイジングのお題からはそれないようにしながら、イロイロな薬膳素材を組み合わせて、味の変化を楽しむという趣向のようです。

 

ステキなアイデアですね!

 

 

ところで、出来立ての柚子のコンフィチュール、しょうがみりん、しょうがみりんのアップルソースはこんな感じ。白熱灯の真下でスマートフォン撮影だから、あまりキレイじゃないけれど、お味は上々です♪

 

 

この冬のクリスマス薬膳会レッスンも、どうぞお楽しみに♪

 

「しょうがみりん」のレシピ

材料:
皮を剥いたおろし生姜80g 本みりん200ml

作り方:
材料を鍋に入れ中火で加熱し沸騰したら弱火で8分煮る。

 

家庭薬膳はキレイと健康を守る日々の営み(^^)/
『ナチュラル薬膳生活入門編』
薬膳素材の分類 各論

 

生姜(しょうきょう・ジンジャー) 辛温解表類 p.84
みりん 温裏類 p.88

健やかな暮らし方を学べる
薬膳&ハーブの教室
ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン

The following two tabs change content below.
中医師から中医学・薬膳学を習得。心の状態で体調を崩したことから、健康の維持・増進、病気の予防・治療には食事だけでなく、運動やリラグゼーションも必要なのに気づく。そこで抽象的な伝統医学に現代の生理学や栄養学も掛け合わせて、ライフスタイル医学の暮らし方「ナチュラル薬膳生活Ⓡ」を考案。2008年にナチュラル薬膳生活文化普及協会を設立して、心・体・魂が喜ぶ薬膳フードセラピーの暮らし方を、人生に前向きな大人女性たちに配信し続けている。