ナチュラル薬膳生活の新たなエバンジェリスト☆伝道者たちと

ナチュラル薬膳生活シニアインストラクター須崎桂子☆けいてぃーさんです♪

クリスマス恒例の冬の薬膳会は、今年は着席形式でちょっとリッチに満員御礼♡

週末のメリークリスマス🎄今年はどんな風に過ごされましたか。

クリスマスって本来は・・・

人びとを救うためにイエスさまをつかわしてくださった神さまに感謝する日☆

昔むかし、イエスさまが説いた神さまの愛の教えをエバンジェリスト☆伝道者たちが後世につなげてくれたわけです。

おかげさまでクリスチャンでなくても、人びとがプレゼントを贈りあったり、親しく一緒にお食事を楽しむクリスマスのお祝いの習慣が、「ハレ」や「ケ」のような特別の日として、現代の日本にも広まっているのはスゴイ。

こうしたヒストリーにも思いを馳せて・・・

クリスマス薬膳会でも、「キレイと健康を未来に届ける」家庭薬膳キッチンドクター、言わばナチュラル薬膳生活のエバンジェリスト☆伝道者さんたちに、アドバイザー(後期修了+受験合格)、コーディネーター(前期修了+受験合格)の認定証をお渡ししました。

イエスさまの時代にサンタさんはいなかったけれど、やっぱり皆さんがワクワク愉しむお祝いムードで薬膳会レッスンを盛り上げたかったから、オトナ可愛いサンタさんのお帽子で🎅

ナチュラル薬膳生活アドバイザー・シニアハーバルセラピスト
山口尚子さん(左)

ナチュラル薬膳生活シニアインストラクター・ハーバルプラクティショナー認定心理士
須崎桂子☆けいてぃーさん(中央)
ナチュラル薬膳生活コーディネーター・管理栄養士
飯塚あずささん(右)

スリーショットは、昨日お約束したナチュラル薬膳生活ファンのお客様に撮影して頂いた画像のひとつです。カメラマンさんに感謝。

最高の笑顔でしょう!?

だって、自分で考えてキレイや健康に役立つ薬膳フードセラピーをできるようになるため、ずっと真剣に取り組んできた成果だから。

中国伝統医学(中医学)の基礎理論、薬膳素材の分類や働きについての中医営養学、薬膳レシピ課題提出などを通じて、初めて目にする先人の知恵を理解したり、覚えたり、実践してきたのですよ。

自分の考えた薬膳レシピでお客さまにレッスン

だから、ナチュラル薬膳生活の認定資格を取得してもしなくても、養成コースの全カリキュラムを修了した生徒さん達はみんな、健康を増進したり、軽い不調を予防・治療するための家庭薬膳のレシピを、自分で考えて作れるようになるのです。

こうした認定資格者さん達の活躍を後押しすべく、柏本校サロンでは毎年恒例の薬膳会レッスンを開いています。

認定資格を得て自信をつけた卒業生さん達が協力しあって、自らのオリジナル薬膳レシピで、先人の知恵を、お客様においしく楽しくレッスン^^

ナチュラル薬膳生活文化普及協会の認定資格を取得するメリットや醍醐味は、こうした「絆」作りでもあります。

アンチエイジングに~豚えび団子の黒米蒸し

例えば、ナチュラル薬膳生活コーディネーターからアドバイザーへステップアップした山口尚子さんが、今冬お披露目してくださったのは、「豚えび団子の黒米蒸し」。

香港のモダン系飲茶レストランの点心を思わせる、おいしくて美しい薬膳の一品☆

アンチエイジングのテーマにそって若々しさのモトを「腎」にたくわえ、冬の寒さに負けないよう身体を温める薬膳フードセラピーです。

黒米のぶた海老団子

ナチュラル薬膳生活の認定資格者さん達は、それぞれの夢に応じて、家庭や社会で薬膳の知恵をスパイスのように使って、自分や周りの方々にキレイと健康から生まれるシアワセのおすそ分けを始めているのですよ。

「ナチュラル薬膳生活」は中医薬膳学の知恵に照らしつつも、日本人の家庭生活に合う薬膳フードセラピーを中心としたライフスタイル医学☆

けいてぃーさんのティーチングメソッドは、中医薬大学の教科書をそのまま翻訳したテキストを生徒さん達に「丸暗記」させたりするカリキュラムとは異なります。

ナチュラル薬膳生活専門家養成コースの生徒さん達はみんな、けいてぃーさんのオリジナルテキストに基づくものの、後は自分で「考えて」実践的な薬膳フードセラピーを学ぶのが基本スタイル。

「ナチュラル薬膳生活」のメリットを世の中に一緒に広めてくれる、「薬膳のエバンジェリスト☆伝道者たちを育てるヨロコビ」はひとしおです☆

 認定資格者さん達の今後ますますの活躍を、どうぞご期待ください(#^^#)

では、この冬のクリスマス薬膳会レッスン、引き続きけいてぃーさんのレポートをどうぞお楽しみに♪

家庭薬膳はキレイと健康を守る日々の営み(^^)/
ナチュラル薬膳生活入門編
薬膳素材の分類 各論

黒米 補血類 p.124 参照

健やかな暮らし方を学べる
薬膳&ハーブの教室
ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン

The following two tabs change content below.
中医師から中医学・薬膳学を習得。心の状態で体調を崩したことから、健康の維持・増進、病気の予防・治療には食事だけでなく、運動やリラグゼーションも必要なのに気づく。そこで抽象的な伝統医学に現代の生理学や栄養学も掛け合わせて、ライフスタイル医学の暮らし方「ナチュラル薬膳生活Ⓡ」を考案。2008年にナチュラル薬膳生活文化普及協会を設立して、心・体・魂が喜ぶ薬膳フードセラピーの暮らし方を、人生に前向きな大人女性たちに配信し続けている。