薬膳酒 おばあちゃんが作ったビンテージモノの枸杞酒

 

ナチュラル薬膳生活シニアインストラクター・薬膳ライフコーチ須崎桂子です♪

 

このところの家庭薬膳クッキングクラスでは、生徒さん達と秋の季節薬膳づくりを愉しんでいます。

 

そのときに、お水でふやかした枸杞の実を潤いデザートにトッピングしながら、話題が「枸杞酒」に及びました。

 

♣柿の杏仁豆腐

 

なんと生徒さんのおうちに、昔おばあちゃんが作った古~いビンテージモノの枸杞酒があるのだそうです。

 

どのくらい前かお聞きしたのですが、何10年も前らしいのです。

 

「古い枸杞酒って価値があるとは思うのですが、どうしたらいいかなと思って・・・。ちょっと薬酒として飲んでみたこともあるけれど、なんだか使いきれない感じ。。。」とのこと。

 

モッタイナイですね~!

 

けいてぃー先生は梅酒トカ、朝鮮人参酒トカ、健康のため、ちびちびおちょこで飲む・・・ような養生法が続かないタイプなので、薬膳フードセラピーに使うのが好きです。

 

いわゆるブログやメールマガジンで、よく「枸杞酒」を煮魚に使うお話しをしています。

 

例えば、【ナチュラル薬膳生活マガジン20160501】には、「かれいと黒木耳の枸杞酒煮 」を載せています。

 

肉料理にバンバン使ってもよいのですが、なぜか和食の魚料理と合うというのがけいてぃー先生のテイストです。

 

よかったら参考にしてくださいね。

 

♣かれいと黒木耳の枸杞酒煮

血行を良くする薬膳 秋刀魚とえのき茸の枸杞酒蒸し

 

昨晩はその生徒さんとの会話を思い出し、一尾だけ秋刀魚が残っていたので、枸杞酒と漬かった枸杞の実も一緒に加えて、えのき茸と蒸しものに仕上げて「酒の肴」に頂きました。

 

「ひやおろし」との相性ばっちり。

 

日本酒と秋刀魚の相乗効果で、血行をよくする薬膳フードセラピーになりました。

 

薬膳素材を全て小さめのフライパンに入れたら蓋をかけて中火で15分蒸し煮するだけ。

 

♣秋刀魚とえのき茸の枸杞酒蒸し

 

こんな感じに仕上がりました。

 

発散系の辛味を持つ生姜スライスを入れるのがポイント。

 

美味しさと血行を促すチカラが増すからです。

 

でも、枸杞酒はアルコールに漬けるので、お酒が体質に合わない生徒さんは、困った顔をなさることが多いです。

 

薬酒の部分は十分に加熱すればアルコールが飛ぶので酒臭さはなくなります。

 

とはいえ、お酒にどっぷり漬かった枸杞の実の部分は、アルコール分解酵素がない方にとっては、おいしくないかもしれません。。。

 

そうでしたら、蒸すときにさっと洗った枸杞の実とお料理のための日本酒か紹興酒を入れても美味しく仕上がります。

 

ご参考になれば幸いです。他のお魚でも試してみてくださいね。

 

 【魂のごちそう薬膳ライフ】無料メルマガに登録すると

人生を200%味わう

薬膳素材メディカルハーブや

ナチュラル薬膳生活の暮らし方が届きます♪

 【魂のごちそう薬膳ライフ】無料メルマガ登録は
こちらのQRコードからもどうぞ!  

 

LINE公式アカウントで「お友だち」になってくださいね!
薬膳お役立ち情報をお届けしています♪

友だち追加

 LINE公式アカウントの「お友だち」登録は
こちらのQRコードからもどうぞ!

【魂のごちそう薬膳ライフ】を届ける
ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン

🔰初心者から本格的に学べる薬膳教室
ナチュラル薬膳生活コーディネーター

The following two tabs change content below.

須崎桂子

代表ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン ナチュラル薬膳生活文化普及協会
千葉県柏市で「薬膳ライフ」の先生&案内人を育成する本格的な薬膳教室を主宰しています。中国の薬膳を日本の家庭生活に取り入れやすい「ナチュラル薬膳生活」というライフスタイルの一環として家庭や社会に健康と幸せを届ける人材を育て続けています。 薬膳ライフコーチ・ナチュラル薬膳生活クリエイター