生徒さんたちがナチュラル薬膳生活を学ぶワケ

ナチュラル薬膳生活シニアインストラクターの須崎桂子☆けいてぃーさんです♪

新しいホームページを作り始めたのを機会に、薬膳やハーブを学んだ生徒さんたちをご紹介する「生徒さんの声」もニューアルしました。

その理由は「ナチュラル薬膳生活」から開ける未来の姿を、薬膳を必要とするより多くの方々に分かりやすくお伝えするため。

昨日は「手術やお薬だけで病気は治らない現実を目にして」、ナチュラル薬膳生活カレッジにたどり着いた中田奈津子さんの声が届きました。

♣「緑豆ともち黍の肉豆腐キッシュ風」を作りながらツーショット

感謝の気持ちで読ませて頂きながら、看護師助手として働く中田さんが日々患者さんたちと接しながら、「薬膳という名の予防医学」の世界に足を踏み入れたワケをココロに刻みました。

現代医学だけで治らない病に苦しむ人たちを目の当たりにするうち、まずは病気にならないように普段の生活、特に食生活から予防を心がけたいと思うようになったとのこと。

「ナチュラル薬膳生活」でライフスタイルが変わり、自分や愛するご家族の慢性的な不調を食生活でどう改善するようになったか・・・そうしたことも詳しくしたためてくださいました。

実践的な薬膳生活ご興味のある方は是非、「中田奈津子さんの声」に耳を傾けてくださいね。

♣完成した「緑豆ともち黍の肉豆腐キッシュ風」冷まして頂く夏の季節薬膳。

薬膳フードセラピーを知りたくなるタイミング

生徒さんたちが薬膳に興味を持つようになったタイミングは、自分と社会の関り、ご家庭の状況、ライフステージ、人生に対する価値価値観などが、大きく変わったとき、または、変わりゆくときが多いです。

けいてぃーさんもしかり。

薬膳フードセラピーへの関心が生まれたのは、新しい「イノチ」との出会いや別れに際して、自分の生き方を見直し始めたときでした。

♣夏の季節薬膳のレクチャーの様子です。

詳しくは「ナチュラル薬膳生活カレッジのおいたち」でお伝えしています。

薬膳に興味を持つ前までは、マイニチ中国の古代哲学や伝統医学を意識しながらご飯を食べたり、お仕事をするようになるとは夢にも思っていませんでした(^^;

♣季節薬膳の考え方を分かりやすく図解で説明しているトコロ。

「いつか時が来たら自分も薬膳の世界に足を踏み入れたいな・・・」

そんな未来の生徒さんたちの声は、いつもココロに響いてきます。

ナチュラル薬膳生活がお伝えするのは、薬膳フードセラピーのお料理だけではありません。

薬膳で自分自身や家族の健康を守ろうとする「自立&自律」のライフスタイルそのもの。

ナチュラル薬膳生活を学んだり学んでいる「生徒さんの声」をお届けしつつ、新たな生徒さんたちとの出会いも楽しみにレッスンを続けています♪

 家庭薬膳はキレイと健康を守る日々の営み(^^)/

ナチュラル薬膳生活入門編』 

理論1「表LOGIC1-1」
「自立&自律した生き方」p.8 参照

健やかな暮らし方を学べる
薬膳&ハーブの教室
ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン

The following two tabs change content below.

須崎桂子

代表ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロン ナチュラル薬膳生活文化普及協会
千葉県柏市で「薬膳ライフ」の先生&案内人を育成する本格的な薬膳教室を主宰しています。中国の薬膳を日本の家庭生活に取り入れやすい「ナチュラル薬膳生活」というライフスタイルの一環として家庭や社会に健康と幸せを届ける人材を育て続けています。 薬膳ライフコーチ・ナチュラル薬膳生活クリエイター